スポンサーリンク

「影響を与える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「影響を与える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「影響を与える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「影響を与える」とは?意味

「影響を与える」は、対象となる者が周囲に対して変化を促すことです。

そして、変化は良い変化も悪い変化も考えられ、周囲に対して、変化を促すことを「影響を与える」と呼びます。

なお、与えるというのは、対象自らが発する力を振りまくことで、対象はその力については自覚していようとしていまいと関係なく周囲に対して変化を促します。

「影響を与える」の概要

「影響を与える」という言葉は、たいていが良い方向の変化を指し、変化を促す人物は無自覚であることが多いです。

無論、周囲に変化を及ぼすだろうなと自覚したうえで行動することも「影響を与える」という言葉の意味になるため、「影響を与える」は自覚があって行動することも指します。

例えば、自分の動画を第3者が見た際、炎上するだろうなという自覚は、悪い方向への変化を指し、迷惑系YouTuberなどがまさに「影響を与える」可能性がある人物です。

逆を返せば、良い方向に動画を持っていけば、プラス側への変化を期待できるので「影響を与える」は、その変化がマイナスであろうとプラスであろうと自覚をもってこうなるだろうと行動することも意味します。

「影響を与える」の言葉の使い方や使われ方

「影響を与える」の言葉の使い方は、周囲に変化を与えたものに対して使用します。

無論、自分から周囲に変化を与えたと自覚して自ら、「影響を与える」と言い切ってもよいです。

「影響を与える」を使った例文

・『この動画は青少年に悪い影響を与える』
この例は、動画コンテンツが青少年に対して悪い方向に変化を与えるという例です。

つまり、動画コンテンツが犯罪を良しとする考えである者や犯罪行為自体が正しいという認識で動画が作られているなど、人間性の形成に悪い変化を与えるというのがこの例になります。

・『ピカソの作品は周囲に影響を与えるきっかけになった』
この例は、画家のピカソが描いた作品は他の画家達にも変化を促したという例です。

なおピカソ自体も実は、画家や彫刻家として活動している際、様々な時代の影響を受け、作品の作り方を自由に変化させており、形式に捉われない技法で作品を残しています。

まとめ

「影響を与える」というのは、良い変化を促すか、悪い変化を促すかという問題については、はっきりとどうであるかは分かりません。

つまり、「影響を与える」はやってみた結果のことで自分ではよい結果になると踏んでいても炎上し、悪い結果になることも「影響を与える」でマイナス側に変化した状態変化だと言い切れます。

その為、例えばピカソとゴッホもその典型の例で、ピカソは時代に沿って作品の作り方を柔軟に変えたが故、高い影響力があり、ゴッホはあくまで現実的に作品を作り上げたが故、時代によっては、面白みがない作品だと酷評されました。

つまり、ピカソは時代ごとに「影響を与える」ことができましたが、ゴッホは、時代によっては、「影響を与える」ことができなかったというわけです。

その為、「影響を与える」というのは本人が自覚せずとも後に変化を促した結果であると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典