スポンサーリンク

「役割」と「責任」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「役割」と「責任」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「役割」「責任」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「役割」とは?

「役割」とは、文字通り役目を割り当てること、及びその割り当てられた役目を意味する言葉です。

また社会生活において、その人の地位や職務に応じて期待される働きや役目を表現する言葉です。

『自分の大切な役割を確実に果たす』や『医師は病気の予防や治療の役割を担う職業です』のように使います。

「責任」とは?

「責任」とは、立場上から負わなければならない任務や義務を意味する言葉です。

また自分の行為の結果について責めを負うことを指す言葉でです。

さらに「民事責任」「刑事責任」の様に、違法行為を行った際に、制裁を負わされることを意味する言葉としても使われます。

『教師には生徒を指導する責任がある』や『事故の責任を取る』や『刑事責任はなくても、政治家としての道義的な責任はある』と言ったように使われます。

「役割」と「責任」の違い

「役割」とは、文字通り役目を割り当てること、及びその割り当てられた役目を意味する言葉であり、一方の「責任」とは、立場上から負わなければならない任務や義務を意味する言葉です。

「役割」「責任」は混同される事がありますが、2つの意味は明らかに異なるものです。

ただし、2つの言葉には関係性があります。

それは「役割」を与えられると、それを遂行する何らかの「責任」が発生すると言う事であり、これが2つの言葉を混同しやすくしているのでしょうが、決して同義語ではないのです。

ちなみに、会社の様な大きな組織で仕事を遂行する場合には、各部署の「役割」を明確にし、またそれぞれの部署を構成する部員の、役職に応じた職務権限を明確にし、それに応じた「責任」を明確化・文章化する事が非常に大切であり、多くの企業では社内規程で、明文化しています。

「役割」を担えば「責任」が発生しますが、それが多くの人が関わる会社等では、あやふやになりがちなのです。

それを明確化して各人が自分の「役割」と権限とそれに伴う「責任」を認識する事で効率良く仕事を分担して推進できる様にしているのです。

まとめ

「役割」とは、文字通り役目を割り当てること、及びその割り当てられた役目を意味する言葉であり、一方の「責任」とは、立場上から負わなければならない任務や義務を意味する言葉です。

「役割」「責任」には、「役割」が与えられれば、それを遂行する「責任」が発生すると言う関係性があり、これが2つの言葉の混同を招く原因となっていると思われます。

しかし「役割」「責任」は決して同義語ではないのです。

また大きな組織では、部署別の「役割」を明確化し、また各部署の構成メンバーの役職等に応じた権限と「責任」を明確化・文章化する事が組織の目的を、効率的に遂行するためには必要不可欠とされています。

従って、大きな組織の代表と言える会社では、社内規程でこれを文章化しているのが一般的なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典