スポンサーリンク

「往来」と「往復」の違いとは?使い方や例文も徹底的に解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「往来」と「往復」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「往来」「往復」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「往来」と「往復」の違い

「往来」「往復」の違いについて紹介します。

「往来」と「往復」の使い方の違い

「往来」は、「移動るものが行ったり来たりすること」という意味です。

人や車などが通過する様子を言います。

「往復」は、「出発地点から目的地まで行って帰ること」という意味です。

人がある地点から出発して他の地点へ行き、そこからまた同じ地点に戻ることを言います。

「往来」と「往復」の英語表記の違い

「往来」の英語表記は以下の通りです。

1つ目は「come and go」で、文字通り「来て帰る」という意味です。

“Many cars come and go on highway.”
(高速道路を数多くの車が往来する)
2つ目は「traffic」で、「交通」「往来」という意味です。

“It seems few traffic on this road today.”
(この道は今日往来が少ない様に見える)
「往復」の英語表記は以下の通りです。

1つ目は「round-trip」で、「往復」の定番表現です。

“I bought a round-trip ticket to Tokyo.”
(私は東京への往復チケットを購入した)
2つ目は「both ways」で、「両方の道」というニュアンスです。

“He walked both ways from Tokyo to Nihonbashi.”
(彼は東京と日本橋を歩いて往復した)

「往来」の意味

「往来」「おうらい」と読み、数多くの意味がありますが、主なものは以下の通りです。

1つ目は「行ったり来たりすること」とい意味で、人や車などが移動する様子を言います。

日常ではこちらの意味で使われることが最も多く、特定の人や車ではなく、ランダムに行ったり来たりする様子を表します。

2つ目は「人や車などが行ったり来たりする道路」という意味で、通行している道路そのもののことを言います。

3つ目は「お互いが親しく付き合う様子」という意味で、お互いが相手のところまで行ったり来たりする間柄のことを言います。

4つ目は「ある考えや感情が心に生じたり消えたりすること」という意味で、様々なことを思い浮かべることを言います。

5つ目は「往復書簡」という意味で、相手と手紙でやりとりすることを言います。

上記に共通するのは、「複数の人や物が行ったり来たりする」という意味です。

「往来」の使い方

「往来」は、「人や車など、複数の物が行ったり来たりする様子」に使われます。

「往来する・した」と助動詞を伴って使われたり、副詞として「往来して」と使われたりします。

特定の人や物を主体としている訳ではなく、自分と相手、たまたまその場を通る人や乗物など、複数のものが行ったり来たりする様子に使われる言葉です。

「往来」を使った例文

・『駅前の道は人の往来が激しいので車が走りにくい』
・『店の前は車の往来が激しいので飛び出さない様にしなさい』
・『彼女とは家族ぐるみで往来する間柄だ』
・『様々な思い出が私の記憶を往来した』
・『子供を往来で遊ばせない様にして下さい。』

「往来」の類語

「人流(じんりゅう)」
「大勢の人がある方向を目指して移動していくこと」という意味です。

「通行(つうこう)」
「ある場所を通って移動すること」という意味です。

「往来」の対義語

「通行止め(つうこうどめ)」
「事故や工事などにより、道を通れない様にすること」という意味です。

「往復」の意味

「往復」「おうふく」と読み、以下の3つの意味があります。

1つ目は「行って帰ること」という意味で、ある地点から目的地まで行き、また出発地点に戻ることを言います。

2つ目は「手紙などのやり取り」という意味で、自分と相手との間で文章を送り。

受け取ることを言います。

3つ目は「付き合うこと」という意味で、行ったり来たりする関係のことを言います。

上記に共通するのは、「ある決まった地点や相手との間を移動する」という点です。

「往復」の使い方

「往復」「ある場所に行き、また元の場所に帰ること」に使われます。

「往復」を使った例文

・『東京から名古屋まで往復料金を知りたい』
・『今回のマラソンは往復で違うコースを走る』
・『結婚式の2次会のお知らせが往復ハガキで届いた』
・『忘れ物をして家と会社の間を往復する羽目になった』
・『相手と行き違いになり、駅まで何往復もした』

「往復」の類語

「とんぼ返り(とんぼがえり)」
トンボが空中回転して後ろへ戻ることから「目的地に着いてすぐに帰ること」という意味です。

「行き帰り(いきかえり)」
「ある場所へ行ってまた帰ってくること」とい意味です。

「往復」の対義語

「片道(かたみち)」
「ある目的地へ行くか帰るかの一方のこと」という意味です。

まとめ

今回は「往来」「往復」について紹介しました。

「往来」「複数の人や物が行ったり来たりすること」「往復」「ある場所に行き、元の場所に帰ること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典