「心を洗う」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「心を洗う」

心を洗うことは、人間にとって必要なことです。

これを行うことで、これまでの鬱積(うっせき)したものが発散できるというものです。

ただし、何をすればこれができるのかは、人によって違います。

ある人はそれが旅行に行くことだったり、またある人は宗教的な祈りがそれに該当するかも知れません。

「心を洗う」の意味

心を洗うとは「心の汚れを清める」ことの表現です。

つまりは「清らかな気分になる」ことで、これが行われると、溜まっていたストレスが発散されると考えていいでしょう。

前述のように、何によってこれを行うことができるかは人それぞれです。

クラシック音楽をゆっくり一人で聴くことや、景色のとてもいい場所に行くことなど、それらによってストレスが解消され、「心が洗われた」と感じれば、充分にそれが行えたということです。

ストレスの発散と書きましたが、運動などによってそれを行った場合には、あまりこの「心を洗った」とは表現しません。

どちらかと言えば、静かな行動によってそれができた時に使う言葉です。

「心を洗う」の言葉の使い方

心を洗うは、これからそれを行おうと思った時や、誰かにそう勧めるような時に使う言葉です。

「心が洗われた」と使うことも多く、「心を洗う」行為によってそれが行えた時にそう表現します。

しかし、本当にそれができたかどうか分かるのはその本人だけなので、人に使う時には上のように、そうしてはどうかと勧める場合くらいです。

「心を洗う」を使った例文・短文(解釈)

心を洗うを使った例文や短文です。

それができる行為は人それぞれなので、その色々な例を挙げていきます。

「心を洗う」の例文1

「好きなジャズ音楽を思いっ切り聴いて、心を洗うことにしよう」

好きな音楽によって心を洗うという人は、それなりに多いと思われます。

何故なら、比較的静かな行為によってストレスを解消するのが「心を洗う」ことなので、その方法として音楽の利用はとてもポピュラーだと言えるからです。

中にはロックなどの激しい音楽を利用する人も居ると思いますが、クラシックやジャズなどの落ち着いた曲調が好まれることが多いと考えられます。

「心を洗う」の例文2

「心を洗うとまではいかないが、昨日のゴルフでかなりストレスが発散できた」

運動によるストレスの解消は、あまり「心を洗う」とは表現しません。

ですが、思ったよりいい結果だった、久しぶりに運動をしたといった場合には、それに準じることができたと考えてもいいでしょう。

ただ、ゴルフのようなスコアが絡む競技の場合、その結果次第では、反ってストレスが溜まってしまうこともあるので注意が必要です。

「心を洗う」の例文3

「教会の早朝礼拝に参加して、心を洗うことができた」

教会の礼拝は、基本的にクリスチャン(キリスト者)ではない人でも参加できます。

初めて参加してみたそれによって「心が洗われた」という人も居ることでしょう。

尚、「礼拝」という呼び方はプロテスタントという教派独特のもので、カトリックでは「ミサ」と表現しています。

どちらも聖職者(神父、牧師)が聖書の教えを説く内容となっており、教派によって会合の呼び方が違うだけだと考えて構いません。

「心を洗う」の例文4

「心を洗う為の旅行に出掛けるつもりだ」

非日常と呼ばれる環境に自分を置くことで、心を洗うことができる場合も多いです。

その為には旅行は一番の行動だと言えるでしょう。

雄大な大自然の中で心を洗うもいいですが、遭えて普段より賑やかな場所に行くというのもいいでしょう。

そのような経験によってストレスが発散できれば、充分に”心が洗われた”と表現できます。