「心構え」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「心構え」とは

「心構え」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

人によっては先生や両親から、「心構え」の大切さについて聞かされた経験がある人もいるでしょう。

一方で、まだ「心構え」という言葉を知らない人、今回初めて目にしたという人もいると思います。

そこで、知っておいた方が心強い言葉のひとつ、「心構え」の意味を紹介します。

「心構え」の意味・漢字の解釈

「心構え」には、どのような意味があるでしょうか。

「心構え」には、「物事に対する、心の準備」あるいは「心の用意」という意味があります。

例えば、100m近く足に紐をつけた状態でジャンプする、バンジージャンプというアトラクションがあります。

バンジージャンプを急にしろと言われても、心の準備ができないため跳ぶ勇気が持てない人が多いと思います。

しかし、一週間くらい前からバンジージャンプを跳ぶ事を伝えられていたら、心の準備ができるので跳べるかもしれません。

この場合は、「バンジージャンプをする『心構え』ができている」と表現する事ができます。

このように、「心構え」という言葉には、「物事に対する心の準備」という意味があります。

「心構え」の言葉の使い方

心構えという言葉には、「物事に対する心の準備」という意味があります。

そこで何かをする前に心の準備が必要な時、「心構え」という言葉を使ってみましょう。

先ほどのバンジージャンプのように、事前に知っておき、心の準備をしておかないとできない事があります。

例えば、誰かに告白する時も、事前に心の準備をしておく必要があるでしょう。

他にもフルマラソンを走る前、人前でボディラインが出る服を着る時なども、心の準備が必要でしょう。

このような時に、「心構え」という言葉を使ってみましょう。

「心構え」を使った例文

「心構え」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「心構え」を使った文章を見て、この言葉を使うコツを知りましょう。

「心構え」の例文1

ビジネスシーンにおける「心構え」を使った例文を紹介します。

「営業をする前に、心を整える必要がある事を、営業マンの先輩に教わった。 今では営業マンとしての『心構え』ができてきたと感じている」

営業活動などの仕事を成功させるためには、心の準備がきちんとできないと難しいでしょう。

この例文に登場する営業マンのように、「心構え」をきちんと整える事が、良い仕事をするために必要な事かもしれません。

「心構え」の例文2

恋愛の場面における「心構え」を使った例文を紹介します。

「ずっと好きな女性が会社にいる。 このまま片想いでもいいと思っていたが、彼女がこの週末に、お見合いをする事になった。 そこで私は告白する『心構え』をして、金曜日に会社へと向かった」

この例文のように、好きな異性に告白するためには心の準備が必要でしょう。

もし準備不足で告白をして、失敗した場合は後悔が残ります。

さらに告白する「心構え」ができていても、いざ告白となれば、尻込みする可能性があります。

いかに誰かに告白するという行為が、大変な事かが分かります。

「心構え」の類語

最後に「心構え」の類語や似た意味の言葉を紹介します。

「心構え」と似た意味の言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「腹構え」

「腹構え」には、「前もって心に決めて、腹を据える事」という意味があります。

「腹構えを据えて、受験にあたる」などという文章を作る事ができます。

「心組み」

「心組み」という言葉には、「心の持ち方」という意味があります。

「ダイエットに向けての、心組みがすごい」などという文章を作る事ができます。

「心構え」とほとんど同じ意味なので、他の言葉に言い換えたい時に使ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典