スポンサーリンク

「必要」と「欲しい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「必要」と「欲しい」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「必要」「欲しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「必要」とは?

必ずいること。

なくてはならないこと、欠くことはできないものを指す言葉で、反対語は不要です。

必要なものは食事、水、睡眠など生きるために必要なものはある程度欲求に結びつきますが、社会生活に必要なものになると欲求と必要は必ずしも密接に結びついているものではなく、小学生が教科書を欲しがって手に入れていると言うよりは必要なため持っていると言えるでしょう。

また、「動作に必要なもの」というくくりではスマートフォンなどにおいての電池や家電などにおける電気、自動車におけるガソリンなどが挙げられ、こちらも品質の優劣などを選ぶことは多少できるケースはありますが、ないことには動作しないという点で必要の要素が非常に大きいと言えます。

パソコンのアプリケーションのハードウェア必要条件はこの条件を満たしていないと動かすことができないという目安で、必要条件以上であれば数値は問わないケースが大半です。

強調した言葉としては必要不可欠があります。

「欲しい」とは?

自分のものにしたい、得たい(手に入れたい)という意味合いで、必要に迫られているかは問わないケースも多く、趣味のものや生活必需品ではないものなどが特に欲しい物となります。

欲しい物は必要なものと比べると期限に迫られることが売り切れなど供給による問題以外はないのも特徴で、現在世の中に存在しないものであっても欲しいと思うことはできます。

また、欲しいという欲求はモノ相手だけでなく友人や恋人、信頼関係など非常に幅広い物を対象にでき、現実には手に入れられないものを欲しいと思うこともあります。

欲しいという欲求は所有欲や使ってみたいという欲求など様々な欲求によって動かされるため、手に入れてからはそれほど興味がなくなるというケースもありえます。

また、欲しいという気持ちを刺激する目的として限定販売や初回特典などのシステムが有り、うまく言った場合は生産側にまとまった量の生産ができるというメリットがあります。

「必要」と「欲しい」の違い

「必要」「欲しい」の違いを、分かりやすく解説します。

「必要」はなくてはならないもの、欠かすことができないもの、必ずいるものを指す言葉で生きるために必要なものから生活に必要なものまで多岐にわたりますが、その多くは現実に存在しているものが必要なもので、現実に存在しないものは必要性があるという段階にとどまります。

「欲しい」は手に入れたい、得たいと思うもので、生きるのに必要なものを欲しいと思うこともありますが、趣味には必要でも生きるのに必要ではないものを欲しいと思うこともあります。

欲しい物を人にねだる際には必要性をアピールするのが一般的です。

まとめ

「必要」「欲しい」は密接な関係を持っている言葉で、欲しいの理由付けとして「必要」を使うことが多くなります。

生きるために必要なものは数多く、生活には電池などそれほど欲しいというような思い入れの入らないものであっても必要であるものも多くなっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典