スポンサーリンク

「忍者」と「アサシン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「忍者」と「アサシン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「忍者」「アサシン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「忍者」とは?

「忍者」とは密偵と呼ばれる方々で、それぞれ群衆をなして城下の主であるものにお仕えします。

そして、「忍者」の役割は城下の主に敵対している勢力に侵入し内部情報を引き出す、または敵対者を稀に暗殺することが役割です。

また、「忍者」には忍術という物がありますが、あれは魔法のようなものではなく、任務を遂行する上で必要な道具を用いて活動するための術を忍術と呼び、嵐を起こしたり炎を出したりすることはできず、あれら忍術は創作です。

「忍者」の使い方

「忍者」の使い方ですが、現在、「忍者」と言われる存在は存在しておらず、漫画やゲームの世界に登場する方々が「忍者」と言われる人々です。

忍び装束を着ている人物に対し、「忍者」であるという言葉を用いて忍者風の衣装を着ている者に対して「忍者」という言葉を使用します。

「アサシン」とは?

「アサシン」は報酬を貰うことで対象人物を暗殺する方々やその集団を指します。

暗殺することを専門としているため、「密偵」と異なり対象勢力の内部情報を調べることはありません。

ですが、暗殺対象の情報を調べることはあり、必ず暗殺を成功させるために様々な手段を用いて対象者を暗殺するのが「アサシン」です。

その為、「アサシン」は毒物の扱いや火薬の扱いなど凶器になり得るものすべての扱いに秀でている者を指します。

「アサシン」の使い方

「アサシン」という言葉の使い方は、暗殺者である人物に対して使用するか組織に対して使用します。

また、「アサシン」は歴史上では報酬をいただくことで他の勢力の重要人物を殺害することになるため、実際に「アサシン」を利用する場合、報酬を必要とします。

「忍者」と「アサシン」の違い

「忍者」「アサシン」の違いですが、密偵であるか暗殺者であるかの違いです。

もちろん、「忍者」側も対象人物を殺害することは歴史上ありますが、「アサシン」と異なり必ずしも暗殺が主な仕事ではないのです。

「忍者」の場合は内部情報を探ることや破壊工作が主になり、直接代表者の命は狙いません。

一方、「アサシン」は対象者を殺害することで報酬を得る組織や人物になりますので破壊工作や密偵のようなお仕事は引き受けないのです。

まとめ

「忍者」「アサシン」の違いですが、内部情報を探る密偵であるか、対象人物を殺害することに特化した集団であるかという違いです。

「忍者」は密偵であるため、対象者やそれら以外を殺害することはまれで「アサシン」は対象者のみを暗殺するのがプロの「アサシン」と呼ばれ、不必要に対象人物以外を殺害しません。

一方、「忍者」の場合、破壊工作や内部情報を引き出すことを主としているため直接表目立って行動することはありません。

両者共通している点は表目立って活動することはなく、極秘裏に対象者や勢力に対し、マイナスの影響を与える存在である点が共通点です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典