スポンサーリンク

「怒る」と「怒鳴る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「怒る」と「怒鳴る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「怒る」「怒鳴る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「怒る」とは?

「怒る」は、怒りの感情が顔などに出て怒りを周囲に感情で示している状況を指します。

あくまで、怒りの形相であるだけでこの時点ではまだ、相手に対して何か行動を起こす様子はないです。

「怒る」の使い方

「怒る」という言葉の使用法ですが、怒りの感情を自らが示した場合、「怒る」という状態に移行したと記すために使用します。

この言葉は、何かに記す際に状態がどうであるかを記す際に使用し、この例の場合、怒りの状態にあることを「怒る」という記載で表しているのです。

「怒鳴る」とは?

「怒鳴る」は怒りの感情があふれ、声に出している様です。

叱るという状態と似ているのですが、似て非なるもので、相手に対して怒りの感情をぶつけているため、実際には相手を注意し、しかりつける行為ではないことが多いです。

「怒鳴る」の使い方

「怒鳴る」は、自らが怒りを抑えることができず、声に出して相手に感情をぶつけた場合、「怒鳴る」という言葉を使用して表現します。

この怒鳴るは、自己と第3者を対象に「怒鳴る」という言葉で怒りを示すことが可能です。

その為、怒りを抑えることができなくなった自分か他人に使用できます。

「怒る」と「怒鳴る」の違い

「怒る」「怒鳴る」は、感情の現れ方が異なり、「怒鳴る」の方が感情をむき出しにしていてかつ態度や言葉で対象に対して、怒りを示します。

その為、暴言を吐かれたりすることも「怒鳴る」という状態に移行したケースにみられることで、「怒鳴る」とは、「怒る」の状態よりもより激しい感情を相手に対してぶつけており、好ましい状態にはないです。

「怒る」の例文

・『彼女が怒るのは君が浮気をしたからだ』
この例は、対象となる人物の彼女が怒りの形相であるのは、浮気が原因であるという例です。

このケースではまだ、彼女は怒りの形相であるため、今現在は浮気をした人物に対してより行動に出ることはないとされます。

ですが、事が変われば彼女はより強硬な姿勢で浮気をした人物に絡んでくる可能性も否定できないです。

「怒鳴る」の例文

・『彼女が怒鳴るのは君が浮気をしたからだ』
この例では、浮気をした人物の彼女が激しく激怒し、感情をむき出し手にしたうえで、より強硬な手段に出てきたのは、浮気をした人物がすべて悪いとしている例です。

恐らく、浮気をした彼女は暴言を吐いたり、好ましくない態度で浮気をした人物に詰め寄り事の真相を聞き出そうとしていると思われます。

まとめ

「怒る」「怒鳴る」の違いは、怒りの示し方が異なります。

「怒る」はまだ、顔などに怒りの形相が出ているだけで、態度やより恐ろしい手段に講じることはないです。

ですが、「怒鳴る」になりますと、暴言を吐いたり完全に怒りに支配された状況下にあるため、その人物の取る行動は予測できなくなるのです。

つまり、「怒る」から「怒鳴る」という状態に移行した際、刑事事件に発展する可能性も無きにはあらずということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典