「急減」と「急落」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「急減」と「急落」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「急減」「急落」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「急減」とは?

「急減(きゅうげん)」とは、「数量・分量・売上などが急に減ること」を意味している言葉です。

「急減」という表現には、「数・量が急に減ること」だけではなく「数・量を急に減らすこと」の意味合いも備わっています。

例えば、「新型コロナの影響で旅行客が急減しました」「急減した売上をすぐに回復するのは難しいです」といった例文で使うことができます。

「急落」とは?

「急落(きゅうらく)」とは、「物価・株価などの相場の価格が急激に下がること」を意味している言葉です。

「急落」の表現には、「短期間で急に落ちぶれること・急にかつての勢いを失うこと」といった意味合いもあります。

例えば、「世界で同時に起こった株価の急落を伝える速報でした」「あの企業は不祥事の影響で急落しました」などの文章で使用されます。

「急減」と「急落」の違い!

「急減」「急落」の違いを、分かりやすく解説します。

「急減」「急落」はどちらも「短期間・短時間で急に減ること」を意味している言葉ですが、「急減」「一般的なものの数・量が急に減ること(数・量を急に減らすこと)」を意味しているのに対して、「急落」のほうは「物価・株価などの需給原理で変動する価格が急激に落ちる(下がる)こと」を意味している違いがあります。

「急落」「物価・株価などの相場の価格が急に下がること」を特に意味していて、「一般的なものや売上などの数字・数量が減ること」を表現したい場合には「急減」が使われる違いを指摘できます。

また「急落」には「急減」にない、「短期間で急に落ちぶれること・急に過去の勢いを無くすこと」の意味がある違いもあります。

まとめ

「急減」「急落」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「急減」とは「数・量などが急に減ること」「数・量などを急に減らすこと」を意味していて、「急落」「物価・株価などが急激に下がること」「急に落ちぶれること」を意味している違いがあります。

「急減」「急落」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典