「急襲」と「奇襲」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「急襲」と「奇襲」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「急襲」「奇襲」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「急襲」とは?

「急襲(きゅうしゅう)」とは、「敵の隙(すき)をついて、急に襲いかかること」「急にスピード感のある攻撃を仕掛けること」を意味している言葉です。

「急襲」という軍事用語は、「相手に防御する時間を与えずに、急に(突然)襲いかかること・急に攻撃すること」を意味しているのです。

例えば、「明朝に敵の急襲を受けて、わが軍は総崩れになりました」といった例文で使用することができます。

「奇襲」とは?

「奇襲(きしゅう)」とは、「相手の不意をついて襲うこと」「相手が油断している時に思いがけない攻撃を仕掛けること」を意味している言葉です。

「奇襲」という言葉は、「相手が予想もつかないような時間・場所・方法で攻めて混乱させること」を意味しているのです。

例えば、「奇襲を得意とする武将なので、十分に用心して進軍したほうがいいでしょう」「朝日が昇る前の薄闇の中、奇襲を仕掛けて勝敗を決しました」などの文章で使うことができます。

「急襲」と「奇襲」の違い!

「急襲」「奇襲」の違いを、分かりやすく解説します。

「急襲」「奇襲」もどちらも「相手がまだ備えていないところに襲いかかる」を意味している点では類似していますが、「急襲」「急に襲いかかること・急にスピード感のある攻撃を仕掛けること」に意味の重点があります。

「急襲」に対して「奇襲」のほうは、「急に・突然襲いかかる」よりも「相手が思いもかけないような(予期していないような)方法・時間・場所によって攻撃を仕掛ける」といった意味合いが強くなっている違いを指摘することができます。

「急襲」とは「急に攻撃して相手に守るための時間を与えないこと」であり、「奇襲」のほうは「相手の予期していないやり方で攻撃して混乱させること」のニュアンスを持っている違いがあります。

まとめ

「急襲」「奇襲」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「急襲」とは「(相手に守る時間を与えずに)急に襲いかかること」を意味していて、「奇襲」「相手の思いがけない方法(予期していなかったやり方)で攻撃を仕掛けること」を意味している違いがあります。

「急襲」「奇襲」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典