スポンサーリンク

「怪しい」と「妖しい」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「怪しい」と「妖しい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「怪しい」「妖しい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「怪しい」とは?

「怪しい」には複数の意味がありますが、主なものは5つです。

1つめは、普通では考えられない力がある、神秘的な感じがするです。

「怪しい光」などの使い方をします。

この場合は、光が普通ではなく、何となく引き付けられる様子だといった意味になります。

蛍光灯の光は、蛍光灯が光っているとわかります。

これは、何であるのかわかるので「怪しい」とはいいません。

正体がわからず神秘的なものを「怪しい」といいます。

2つめは、何となく恐ろしい、なんとなく気持ちが悪いです。

深夜遅い時間、一人で森の中を歩いているとき、どこからともなく鳥の鳴き声が聞こえてきました。

このようなとき、何となく恐ろしく感じるでしょう。

このさまを意味しています。

3つめは、行動や状況が疑わしい様子であるのです。

たとえば、見たことがない人が自宅の周りをうろうろしていると「怪しく」感じます。

男女の関係に隠された様子があることもいいます。

4つめは、よくない方に変わりそうであるのです。

「雲行きが怪しい」などの使い方をします。

この場合は、天気が下り坂になる様子を表しています。

5つめは、すべての方面にわたって信用できない、疑う余地があるのです。

「その説は怪しい」のような使い方をします。

この場合は、その説を信用できない、疑う部分があるといった意味になります。

「怪しい」の使い方

さまざまな意味がありますが、主に正体がはっきりしなくて気味が悪い、信用できないといったことを指して使用します。

「妖しい」とは?

普通では理解できない力がある、神秘的な感じがする、という意味です。

「妖」という漢字には、あやしい、あやしげな、もののけという意味があります。

もののけとは、霊やあやかしの類のことです。

あやかしは普通では説明できない存在です。

正体がわからず、不気味に感じることもあります。

こういった様子を「怪しい」といいます。

「妖しい」の使い方

不思議な力や神秘的な感じを指して使用する言葉です。

正体がはっきりせず、理解しようとしても理解できないさまをいいます。

「怪しい」と「妖しい」の違い

普通では理解できない力、神秘的な感じという意味が同じです。

「怪しい」とも「妖しい」とも書きます。

どちらも読みは「あやしい」です。

「怪しい」には、信用できない、行動や状況などが不審であるなどの意味もあります。

「怪しい」の例文

・『あいつの行動は怪しい』

・『怪しい人物がいる』

・『この部屋が怪しい』

・『天気が怪しい』

「妖しい」の例文

・『妖しいけれど魅力的』

・『妖しい存在』

・『妖しい役を演じる』

・『妖しい絵』

まとめ

どちらの言葉も「あやしい」と読み、不思議な力、神秘的な感じという意味が同じです。

「怪しい」にはこれ以外の意味もありますが、それらの意味は「妖しい」にはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典