スポンサーリンク

「恋人」と「彼女」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恋人」と「彼女」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恋人」「彼女」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恋人」とは?

「恋人」とは、恋愛の交際相手を指す言葉。

「恋人」という言葉は、使われている字のごとく「恋」をしている「人」(相手)という意味を持ちます。

それは、片思いの相手ではなく、相思相愛ですでに交際をおこなっている相手を指すのが一般的です。

また「恋人」の代わりに使われる言葉に「彼氏」「彼女」がありますが、「彼氏」「彼女」に比べると「恋人」のほうが一人の人を大切に思って真剣につき合っている印象が持たれます。

「恋人」の英語表記は“Lover”です。

また、一人の相手と真剣に交際している場合は“steady”(ステディ)または「ステディな関係」と称します。

心の中で思いを募らせる対象、一方的に焦がれる相手のことを○○の「恋人」と呼ぶことも。

たとえば、映画に出てくる女優に思いを募らせる場合、その女優は「スクリーンの恋人」とも呼ばれます。

「彼女」とは?

「彼女」とは、ある女性のことを指す「三人称代名詞」でもあり、恋愛の対象として交際している女性も意味します。

その際、交際相手が男性の場合は「彼」または「彼氏」と呼びます。

恋愛の交際相手は「恋人」にあたりますが、現代では「恋人」と称するべき相手を「彼氏」「彼女」と呼ぶことが多くなってきました。

「彼女」「ガールフレンド」「愛人」を指して使うこともあり、必ずしも「恋人」として交際している女性を指すとは限りません。

「彼女」は英語で恋人を意味する“Lover”とも表記できますが、付き合いの深さによっては“girlfriend”を使ったほうが適切です。

「恋人」と「彼女」の違い

「恋人」「彼女」の違いを、分かりやすく解説します。

「恋人」は恋愛の対象として交際している相手を指します。

その交際相手が女性である時に、相手のことを「彼女」と呼びます。

基本的に「恋人」「彼女」は同じ意味を持つので「恋人」のことを「彼女」と呼んでも問題はありません。

現代は交際相手を「彼氏」「彼女」と呼ぶことが増え、逆に「恋人」と称すると重く感じられるため、呼ぶ時に気恥ずかしさを伴うことがあります。

そのため真剣に交際している相手は「恋人」、ガールフレンドや愛人は「彼女」と称することも多いです。

まとめ

「恋人」「彼女」は、基本的に同じ意味で使われていますが、ニュアンスが少し異なります。

どのように呼ぶかは女性にとってデリケートな問題です。

失礼のないよう「恋人」「彼女」の正しい意味を理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典