スポンサーリンク

「恋焦がれる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恋焦がれる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恋焦がれる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恋焦がれる」とは?意味

「恋焦がれる」は(こいこがれる)と読みます。

この言葉の意味は、誰かに恋をして悩んだり苦しい気持ちになる状態を表します。

ただ「恋をする」と表現するなら、楽しく明るく気分が高揚している雰囲気が伝わります。

しかし「焦がれる」ほどの恋となると、恋がうまく成就せずに、思い詰めている様子や苦悩といった雰囲気が伝わってきます。

「恋焦がれる」の概要

心が焦がれるほどの恋。

この表現にはドラマチックな響きがあります。

しかしほとんどの場合では「片思い」「許されない恋」、もしくは「困難が伴う恋」をしている時にこの言葉を使います。

つまり「恋焦がれている」人の気持ちはとても複雑なのです。

「恋焦がれる」と同じような意味を持つ表現として「燃えるような恋」というのがあります。

しかしこの表現は、「恋い焦がれる」とは違うニュアンスがあります。

「燃えるような恋」をしている人は、燃えている真っ最中なので「恋することによる苦悩」などは目に入りません。

それほど恋に対して一直線なのです。

さて「恋焦がれる」の表現が当てはまる物語の登場人物といえば、思い浮かぶのが、源氏物語」に登場する「六条の御息所」(ろくじょうのみやすんどころ)でしょう。

彼女は源氏の君と恋仲になりますが、何しろ相手は年下でプレイボーイ、なおかつ正妻もいる身。

六条の御息所は恋する気持ちが募り募って、生き霊となって源氏の君の恋人や妻に襲いかかります。

これこそ「恋焦がれた女性」の哀れな姿だと言えます。

「恋焦がれる」の言葉の使い方や使われ方

「恋焦がれる」は恋をしていても、思うようにならずに悩んで、身が焦げるような思いをしている時に使う表現です。

幸せな恋愛をしている時にはこの表現は使いません。

アイドルに「恋焦がれる」アニメの登場人物に「恋い焦がれる」などの表現もありますが、これはほぼ実ることがない恋です。

「恋焦がれる」の類語や言いかえ

「恋焦がれる」と同じような意味を持つのが「恋にのぼせ上がる」「首ったけ」「恋狂い」「恋に身を燃やす」などがあります。

恋にのぼせ上がるや、首ったけなら問題はありませんが、恋狂いとなればちょっと問題有りかもしれません。

またもう少し控えめ恋する気持ちには「憧れる」という表現もあります。

これは焦がれるような気持ちはなっていませんが、「好きだけれど手が届かない」という意味を持ちます。

まとめ

「恋焦がれる」という状態でも自分の気持ちの中だけで、思い悩むだけなら余り問題ありません。

ある意味ではそれも素晴らしい恋のひとつでもあるからです。

しかし恋する気持ちが強すぎるため、他人に迷惑をかけるような行動を起こせば、それは立派な「ストーカー」行為です。

そうならないように、恋するという尊い思いを理性によってコントロールすることも大切なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典