スポンサーリンク

「恐れ入りますが」と「お手数ですが」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「恐れ入りますが」と「お手数ですが」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「恐れ入りますが」「お手数ですが」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「恐れ入りますが」とは?

「恐れ入りますが」「おそれいりますが」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「自分が至らなかったことに対して申し訳ないと思う気持ち」という意味です。

2つ目は「相手に迷惑をかけたことに対して申し訳ないと思う気持ち」という意味です。

3つ目は「相手に物を頼んだり、質問したりする時の前置き」という意味です。

上記に共通するのは「申し訳ないと思う」という意味です。

「恐れ入る」「相手の好意に対してありがたいと思う」「相手には叶わないと思う」「相手を怖がる」という意味があり、「恐れ入りますが」で、相手に対して恐縮しながら呼びかけることを表します。

「恐れ入りますが」の使い方

「恐れ入りますが」「自分が至らなかったことに対して申し訳ないと思う気持ち」「相手に迷惑をかけたことに対して申し訳ないと思う気持ち」「相手に物を頼んだり、質問したりする時の前置き」という意味で使われます。

基本的に、ビジネスで目上の人やお客様に対して、恐縮しながらへりくだって呼びかける時に使われる言葉です。

「お手数ですが」とは?

「お手数ですが」「おてすうですが」と読みます。

意味は「手間がかかることで申し訳ありませんが、お願いしますという気持ち」です。

「手数」「それをする為に必要な動作や作業の数」「人の為にかける手間」という意味があり、「お手数ですが」で相手に対して恐縮しながらお願いすることを表します。

「お手数ですが」の使い方

「お手数ですが」「手間がかかることで申し訳ありませんが、お願いしますという気持ち」という意味で津川われます。

基本的に、ビジネスで目上の人やお客様に対して、恐縮しながらへりくだってお願いする時に使われる言葉です。

「恐れ入りますが」と「お手数ですが」の違い

「恐れ入りますが」「ビジネスで目上の人やお客様に対して、恐縮しながらへりくだって呼びかける言葉」という意味です。

「お手数ですが」「ビジネスで目上の人やお客様に対して、恐縮しながらへりくだってお願いする言葉」という意味です。

「恐れ入りますが」の例文

・『恐れ入りますが、お名前をお聞かせ願えますか?』
・『恐れ入りますが、明日までお待ち頂けますでしょうか』
・『恐れ入りますが、折り返しご連絡頂けますでしょうか』
・『恐れ入りますが、もう一度おっしゃって頂けますか』

「お手数ですが」の例文

・『お手数ですが、ご確認お願い致します』
・『お手数ですが、何卒宜しくお願い申し上げます』
・『お手数ですが、伝言をお願いします』
・『お手数ですが、何卒ご検討頂けますでしょうか』

まとめ

今回は「恐れ入りますが」「お手数ですが」について紹介しました。

「恐れ入りますが」「恐縮して呼びかける」「お手数ですが」「恐縮してお願いする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典