「悪態をつく」と「悪口を言う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「悪態をつく」と「悪口を言う」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「悪態をつく」「悪口を言う」の違いを分かりやすく説明していきます。

「悪態をつく」とは?

「悪態をつく」とは、面と向かって相手に悪口を言うことです。

本来ならば思っていても言わないような、相手に憎まれたり恨まれるようなことをわざわざ、本人に言う、そのような行動が「悪態をつく」なのです。

当たり前ではありますが「悪態をつく」ということをすれば嫌われますので、良い関係性においてはない行動とも言えます。

つまり相手を軽く見ていたり、激しく嫌っているという心理状態だと察することができます。

自分に「悪態をつく」相手とは、関係性を見直す、距離と取るなど考えるようにした方がいいでしょう。

「悪口を言う」とは?

「悪口を言う」とは、誰かのことを悪く言う行動を言います。

例えば自分が嫌なことをされて、困っている、相手のことを嫌いだと思っていることを、関係ない人にまで言い広めますと、それは相手の行動に自分が「困っているという訴え」というよりは「悪口を言う」という風にとらえられてしまいます。

「悪口を言う」は本人がいないところで言うといった場合に使われます。

「悪態をつく」と「悪口を言う」の違い!

「悪態をつく」と「悪口を言う」の違いをつく」「悪口を言う」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「ある人のことを悪く言う」という意味では同じですが、違いがあります。

まず「悪態をつく」とは、相手に面と向かって「悪口を言う」という行動です。

そして相手が悪くない場合にも起こる可能性があります。

つまり一方的に相手のことを嫌い、憎まれ口、嫌味、暴言などを言いたいだけという場合もあるのです。

一方の「悪口を言う」とは人のことを悪く言う行動で、どちらかと言えば当事者がいないところで起こりやすくなります。

悪口を言われる側が悪い場合もありますが、いじめのような目的で「悪口を言う」という行動をとられることも往々にしてあります。

いずれにしましても関係のない人にまで「悪口を言う」という行動は人間性を疑われることになりますので注意しなければならないことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「悪態をつく」「悪口を言う」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

簡単に違いを分けるならば「悪態をつく」は本人に面と向かって言う、「悪口を言う」は本人がいないところで言う(事が多い)とすればわかりやすくなるでしょう。

言葉の違いを理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典