スポンサーリンク

「情勢を鑑みて」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「情勢を鑑みて」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「情勢に鑑みて」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「情勢に鑑みて」とは?意味

「情勢に鑑みて」とは、物事の変化や動きについて前例や規範などを参考にした上で考えるという意味を持ちます。

「情勢に鑑みて」の概要

「情勢に鑑みて」とは、「じょうせいをかんがみて」と読みます。

「情勢」とは、物事の変化や動きなどが、現在どのように動いており、そして今後どのように動いていくのかという流れを指す言葉です。

「鑑みて」とは、物事を前例や規範などを参考にして考えるという意味を持ち、ある事柄についての現状を考えるのではなく、過去の例などを参考にしたり比べたりした上で考えるという事が重要です。

以上の事から、「情勢に鑑みて」とは、物事の変化や状況について過去の例を参考に考えるという意味となるのです。

「情勢に鑑みて」の言葉の使い方や使われ方

「情勢に鑑みて」は、社旗情勢などを報道するニュース番組はネットニュースなどでよく目にし、「社会情勢に鑑みて」「現在の政治の情勢に鑑みて」などと、コメンテーターや専門家などが発言しています。

「社会情勢に鑑みて」と使われた場合には、現在の社会情勢について過去の例などを参考にして考えて解説される場合に、その解説内容がその後の発言で示されます。

あくまで現在の状況を端的に伝えるのではなく、過去の例やルールを参考にして話すという事が重要です。

「政治の情勢に鑑みて」についても同様で、現在の政治の流れや変化について、過去の例を参考にした上で評論や解説をする場合に使われます。

やはりここで重要となるのが、その評論や解説が過去の例や規範に則った上で考えられているかという事が前提となっています。

現在世界中で流行している新型コロナウイルス感染症についての対策なども「情勢に鑑みて」考慮されており、公共の場ではマスクを着用する、ソーシャルディスタンスを保つなどの行動も、他の例やルールに従って社会の流れを考えた上で数々の対策が取られていると言えるため「社会情勢に鑑みて対策をする」と表現する事ができます。

「情勢に鑑みて」を使った例文

・『現在の感染対策は社会情勢に鑑みた上で、厳重に行われています』
・『政局の情勢に鑑みると、近い時期に衆議院解散となるだろう』
・『国際情勢に鑑みると、2国は非常に緊迫していると言わざるを得ない』

まとめ

「情勢に鑑みて」とは、物事の変化や動きなどを過去の例やルールに則り考えるという意味を持ちます。

現在の状況だけを考えるのではなく、前例や規範などのルールに則った上で考えるという事が重要です。

様々な報道媒体などで使用される機会が増えており、ルールや前例などに従って考えて行動をする事がいかに大切であるかという事を示していると言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典