スポンサーリンク

「情報収集」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「情報収集」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「情報収集」【じょうほうしゅうしゅう】の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「情報収集」とは?意味

「情報収集」【じょうほうしゅうしゅう】とは、自分が必要としている情報について、サイトや本などで収集するという意味があります。

今必要としている情報をあらゆる手段を使って集め、その中でもより自分が求めるものを取り上げては参考にするために分かりやすくまとめるのがこの「情報収集」の目的です。

より詳しい情報を収集することで、自分が持っていた間違った先入観を訂正し、正しい知識を身に付けられるメリットがあるばかりではなく、新しいアイデアを発想し、発信することに役立ちます。

「情報収集」の概要

資料や参考書、まとめサイトなどから自分が欲しいと思う情報を取り上げて、自分がより求めていることの参考になる文章や画像、動画などの幅広い媒体から「情報収集」すればより希望とする理想的な答えを見つけられます。

新聞や週刊雑誌、テレビ番組などにも目を向ければより近況のニュースや話題について調べられますし、SNSや口コミを読めば情報通の個人のコメントよりさらに詳しい情報を集められるわけです。

それぞれの特徴を理解して、自分が知りたいと思う話題は何か、目的はどのようなものかを考えた上で、どの媒体を調べてみれば理想的な答えが見つかるかを考えるのも的確な「情報収集」になります。

この言葉の類義語や言い換えには「情報を得る」「知識を得る」があるように、自分にはない内容を得て、ものにするという意味が込められています。

「情報収集」の言葉の使い方や使われ方

自分が「知りたい」と思うときや、「本当はどうなのか」と疑問に思うとき、自分の答えが書かれている媒体を見つけ、そこから確かな情報を見つけるとき「情報収集する」と使います。

例えば、テレビCMで大手のコンビニがキャンペーンを開催していると流していたとき、いくら分買い物すれば応募できるのか、どの商品が対象となるのか、いつまで行われているのかその期日について知りたいと思えば公式ホームページやSNS、口コミなどで調べるでしょう。

このように、私生活でも職場でも情報収集することで無駄なコストや時間をかけずに済むように、前もって様々な情報を集めて取り掛かるときに使われている言葉なのです。

「情報収集」を使った例文

・『自分から人へアプローチして情報収集すればより的確な答えが集められる』
・『より的確な情報収集するには4つのプロセスを達成しよう』
・『インターネットの普及により、子供も素早く情報収集ができるようになり、勉強の効率が上がった』
目的に合った「情報収集」するには、求める商品を比較できるサイトやチラシを見比べて、どの店が一番安く買えるかを調べてみるのが大切です。

また、的確に情報を収集するには集めるばかりではなく、自分なりに分かりやすく整理したり、知識のある人と情報を共有し、うまく活用しましょう。

スマートフォンやタブレットが世の中に出回るようになってから、子供が学習するときも素早くインターネットに繋げて漢字の書き方や意味、計算の仕方、答えなどを集められるようになりました。

まとめ

仕事をしていて情報が足りずに前へ進めないときは素早く「情報収集」して、その先に進めるよう手立てを打つことが大切です。

どのようにして情報を集めればいいか分からないときは人に聞いてみたり、知識のある者を頼るなどすれば、より求める情報を集められるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典