「情報源」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「情報源」について

インターネットやSNSなどネットワークが普及した現代において情報は当たり前のように存在している身近なものとなっています。

しかし有り余るほどの情報に対して「情報源」もとても重要となってきます。

しかし「情報源」という言葉自体を正しく認識しておかないと、情報の正しさを調べるうえで支障をきたしかねないため、理解しておく必要があります。

「情報源」の意味とは

「情報源」という言葉の意味として、その情報がどこから発信されたか・提供されたかの大本を表す言葉とされています。

「源」とは物事において出てくるものの始まり・起源とされています。

それに「情報」という言葉が合わさることで情報の出どころという意味に解釈されます。

またただどこから情報が生じたかに加えて、その情報経路・提供者なども含まれてきます。

それらが合わさることでその「情報源」に対しての信用性も高まるため、情報自体の価値も上がります。

「情報源」の言葉の使い方

「情報源」という言葉はその情報がどこから生じたか・得たかを調べる・確認する時に用いられることが多いです。

情報が多すぎたり、異なる情報や信憑性が低い場合に確認作業が必要となります。

その際、いつどこからどのように情報が回ったかを調べるために使われます。

またその確認をする際、その情報を与えてくれた人に対して「本当に情報は適切か」と、ある種の疑いを持っていると伝わりかねません。

そのため相手に対して配慮しつつ使うことが求められます。

「情報源」を使った例文

「情報源」という言葉は直接口にしなくても情報にあふれる現代では誰しもが関心を持っているものです。

実際に使う場合はどのような使い方になるか、例文とその解釈を紹介します。

「情報源」の例文1

「君が教えてくれた話だが、もっと詳しく知りたいんだ。 情報源が誰なのか教えてくれないか?」

この場合、相手の提供してくれた情報に対してより情報を得るために情報源を探っています。

「詳しく」についてはその内容や詳細・信憑性・整合性など様々な可能性がありますが、共通して「君」とされる人物を介するよりも直接聞く方がいいと判断したため、「情報源」を聞いています。

「情報源」の例文2

「最近インターネットで色んな情報が飛び交っている。 でも情報源もわからないし何が正しいかもわからないよ」

ここではインターネットによって情報が溢れているが、情報経路も不明確でありその情報がすべて正しいわけではないと話しています。

「情報源」の例文3

「私は新しいことを始めるにあたり、何をするかに加えて情報源が何かをとても重要にしている。 信用できるところからの情報なら安心して活用できるからね」

この場合、新しいことを始める際に地震で気を付けていることを伝えています。

始めるにあたり情報が必要ですが、その情報の信用度を図るにはどの情報を選択するかはその情報源の信用度から判断しています。

信用できる情報源からの情報は安心して利用できると考えているためです。

「情報源」の英語と解釈

「情報源」という言葉は英訳にすると“Source of information”とされています。

“Source”には源泉・(由来や経緯・ルートを)明らかにするといった意味を持ちます。

それに「情報」“information”が加わることで「情報源」と訳されます。

また物事の起源を表すのであれば“origin of document”も同義の表現となります。

「情報源」の類語や類義表現

「情報源」には様々な類語・類義表現があり、意味を混同しないためにも例を紹介していきます。

「ネタ元」

「ネタ元」において「ネタ」とは情報のことを意味している言葉です。

そして「元」はその情報の由来・始まりを意味しているため、「情報源j」の類語として扱われています。

「出所」

「出所」はその対象となるものがどこから生じたかという意味となります。

対象は情報に限らず様々ですが、「源」という意味では同じとなるため類語となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典