スポンサーリンク

「意志を貫く」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意志を貫く」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「意志を貫く」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「意志を貫く」とは?意味

「意志を貫く」とは、ある事柄についてそれを実行する、あるいはしないという決定や目標について、最初の決断は最後まで変えることなく守るという意味を持ちます。

「意志を貫く」の概要

「意志を貫く」とは、「いしをつらぬく」と読みます。

「意志」とは、自分の決断した行動に対する意欲について表した言葉で、ある事柄についてそれをどうするかという自分の決断について、それを達成するという意欲を表している言葉です。

「意志」の同音異義語として「意思」がありますが、こちらは自分の思いや考えについて伝える場合に使われる言葉であり、「意志」とはニュアンスが少し違う事を注意してください。

「貫く」とは、初めに決定した考えや姿勢などについて、それを変える事なく守り抜くという意味を持つ言葉です。

他にも「貫く」には、物理的に物を貫通させるという意味があり、それが転じてこのような意味も持っています。

この二つの言葉の意味から「意志を貫く」とは、ある事柄について実行するかしないかという決定について、最初の決断を最後まで変えることなく守りぬくという意味になります。

「意志を貫く」の言葉の使い方や使われ方

「意志を貫く」という言葉が使用される場面は、強い考えをもとに何かを決断し、それを最後まで守り抜く際に使用される言葉です。

例えば、「禁煙する」という決断について、必ず最後まで禁煙するという考えについて、最後まで守り抜くという事を伝える際に「禁煙するという意志を貫く」と使われます。

「意志を貫く」とは、自分で決定した目的や目標について、絶対に最後までやりぬく、達成するという強い意欲が表れている言葉であるため、その目標について実際に達成されたかどうかについてはあまり関係はありません。

「意志を貫く行動したが、失敗に終わった」となれば、最後まで自分が決定した目標に取り組んだが、最終的には達成できなかったという意味を持ちます。

この場合、達成できなかったという結果が残っていますが、自分が最初に決定した決断について、最後まで守り続けたという事実があるため、「意志を貫いた」事には変わりありません。

「意志を貫く」を使った例文

・『将来の夢を必ず叶えるという意志を貫き、日々努力を怠らない』
・『彼は志望校に合格するという意志を貫き、試験に臨んだ』
・『彼女は意志を貫く事で、無罪を勝ち取った』

まとめ

「意志を貫く」とは、ある事柄についてそれを実行するかどうかという、目標や決定について、最初の決断から変えずに守り抜くという事を意味した言葉です。

この言葉は自分の強い意欲が表れている言葉であるため、軽々と使う言葉ではないかもしれません。

日常生活で使用された時や、自分で使う場合には、達成するという強い意欲が必要でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典