「愚挙」と「愚行」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「愚挙」と「愚行」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「愚挙」「愚行」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「愚挙」とは?

「愚挙」とは、馬鹿げた計画、もくろみといった意味と、愚かな振舞いという意味があります。

「こんな時期に飲み会を計画するなんて、愚挙としか言いようがない」「彼の愚挙に、聞く耳なんて持っては駄目」などと、使います。

「愚行」とは?

「愚行」とは、愚かな行いという意味になります。

「僕は愚行を繰り返し、信用を失くしてしまった」「自分のやっている愚行を反省もせず、人に偉そうに説教するとは呆れた」などと、使います。

「愚挙」と「愚行」の違い!

「愚挙」「愚行」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「馬鹿げている」「愚かである」という共通の意味がありますが、違いを見ていきましょう。

「愚挙」とは馬鹿げた企て、愚かな振舞いという意味になります。

一方の「愚行」とは愚かな行動となります。

つまり馬鹿なことを考えているうちは「愚挙」ですが、実際に行動してしまうことが「愚行」というのが違いです。

とはいえ「愚挙」には愚かな振舞いという意味もありますし、馬鹿げたことを考えて計画しようとすること自体が「愚行」とも言えますので、ほとんど同義語として解釈しても差し支えないでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「愚挙」「愚行」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも「愚かである」という意味は同じですが、微妙な違いがありますので、意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典