スポンサーリンク

「愛国」と「右翼」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「愛国」と「右翼」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「愛国」「右翼」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「愛国」とは?

「愛国(あいこく)」とは、「国家を愛すること」「国を愛して国のために献身的・積極的に行動すること」を意味している言葉です。

「愛国」という表現は、「国家や郷土に対する忠誠心を持って奉仕・貢献(献身)すること」「自分以上に国家を愛して国家の発展のために活動すること」を意味しているのです。

「右翼」とは?

「右翼(うよく)」とは、「左翼(社会主義・共産主義)の対立概念としての国家主義・民族主義・国粋主義・保守主義(反動主義)」のことを意味している政治用語です。

「右翼」という用語は、フランス革命期の「憲法制定国民議会(1789年~1791年)」における議席に起源があり、議長から見て右側の席に、「旧体制の秩序を支持する保守主義の勢力(王党派・貴族派・国教派)」が座っていたことに由来しています。

「右翼」というのは、「個人の利益よりも国家全体・民族全体の利益・秩序を優先する思想やその思想を持つ人たち」を意味している言葉なのです。

「愛国」と「右翼」の違い!

「愛国」「右翼」の違いを、分かりやすく解説します。

「愛国」「右翼」はどちらも「個人(私)よりも国家・全体を重視して優先する考え方」を意味している点では類似していますが、「愛国」というのは「国を愛して国のために行動すること」をシンプルに意味している言葉です。

「愛国」に対して「右翼」のほうは、「国家主義・民族主義・全体主義を信奉して排他的あるいは個人抑圧的な行動を取る人」「新しい変化・革新を拒む保守派」を意味している違いがあります。

「愛国」「自分自身が国を愛すること」ですが、「右翼」のほうは「個人よりも国家を重視するイデオロギー(共産主義に反対して国家・民族を重視するイデオロギーに他者も従わせようとする人)」を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

「愛国」「右翼」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「愛国」とは「(自分以上に)国を愛すること・国家に忠誠を誓って献身的に奉仕すること」を意味していて、「右翼」「左翼(共産主義・社会主義)の対立概念で国家主義・国粋主義・民族主義・保守主義やそのイデオロギーを信奉(実践)する人」を意味している違いがあります。

「愛国」「右翼」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典