「愛情」と「依存」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「愛情」と「依存」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「愛情」「依存」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「愛情」とは?

「愛情」の意味と使い方について紹介します。

「愛情」の意味

「愛情」「あいじょう」と読みます。

意味は「深くいつくしむこと」「性愛の対象として特定の相手を慕う心」です。

「愛情」の使い方

「愛情」には以下の2つの意味があります。

1つ目は、「人やものを深くいつくしんだり、大切にしたいと思う気持ち」という意味で、子供や家族、ペット、長い間慣れ親しんだものに対して、離れたくない、かわいい、守りたい、尽くしてあげたいなどと思う心です。

2つ目は、「性愛の対象として特定の相手を慕う心」で、相手に対して性的な魅力を感じることを言います。

男女の愛情、現在では同性同士であっても、特定の相手と結ばれたいと思う気持ちに使われます。

2つの意味に共通するのは「相手を大切に思い、幸せにしてあげたい」という気持ちです。

「依存」とは?

「依存」の意味と使い方について紹介します。

「依存」の意味

「依存」「いぞん」と読みます。

意味は「あるものに頼らないといられない状態のこと」です。

「依存」の使い方

「依存」は、あるものに頼り過ぎるあまりに、それがないと不安でいられなくなる状態のことを言います。

対象は人だけではなく、あらゆるものに対して使われます。

その人や物に頼るあまりに「それがないと生きられない」と思い、それがいないと本当に肉体的、精神的に影響が出てしまうのです。

「アルコール依存症」「薬物依存症」「ギャンブル依存症」などは重症であり、最近では「スマホ依存症」も社会問題になっています。

「愛情」と「依存」の違い!

「愛情」「深くいつくしむこと」「性愛の対象として特定の相手を慕う心」です。

「依存」「あるものに頼らないといられない状態のこと」です。

まとめ

今回は「愛情」「依存」の違いをお伝えしました。

「愛情は相手を大切にすること」「依存は相手に頼り過ぎていること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典