スポンサーリンク

「愛情」と「恋情」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「愛情」と「恋情」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「愛情」「恋情」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「愛情」とは?

「愛情(あいじょう)」とは、「大切な相手を幸せにしたい(守ってあげたい)と思う気持ち」「相手のことを深く愛して慈しむ感情」のことを意味している言葉です。

「愛情」というのは「相手の幸せを願って相手のために生きたいと思う献身の気持ち」でもあり、「相手を大切にしたい・相手の幸せを願う・相手を危険から守りたい」などの意味のニュアンスがあります。

また「愛情」には、「好きな異性のことを恋い慕う気持ち」という意味合いもあります。

「恋情」とは?

「恋情(れんじょう)」とは、「好きな相手・異性に対する恋愛感情」「好きな相手(主に異性)と男女の仲を深めたいと思う気持ち」のことを意味している言葉です。

「恋情」というのは、「自分が気に入っている好きな相手のことを恋い慕う気持ち」を意味している表現なのです。

「恋情」「恋愛関係・男女関係になりたいと思う相手(主に異性)に対して抱く強い感情」であり、「恋情」が成就しないと失恋による心の痛みを感じることになります。

「愛情」と「恋情」の違い!

「愛情」「恋情」の違いを、分かりやすく解説します。

「愛情」「恋情」はどちらも「相手に対する好意的な感情・心情」を意味しているということでは共通していますが、「愛情」「相手を幸せにしてあげたいと思うような深く愛する(慈しむ)気持ち」に意味の重点が置かれていて「恋愛対象(異性)でなくても成り立つ」という特徴があります。

「愛情」に対して「恋情」というのは、「好きな相手(主に異性)に対する恋愛感情・男女の仲を深めたいという気持ち」を意味している違いを指摘できます。

「愛情」にも「好きな相手を恋しく思う気持ち」の意味はありますが、「愛情」「恋情」とは違って「好きな異性以外の大切な人たちにも抱くことができる深く愛して慈しむ感情」のことなのです。

まとめ

「愛情」「恋情」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「愛情」とは「大切な人の幸せを願って深く愛する気持ち・相手を深く愛して慈しむような感情」を意味していて、「恋情」「好きな相手(主に異性)に対する恋愛感情・男女の仲になりたいと思い、恋しく慕うような気持ち」を意味している違いがあります。

「愛情」「恋情」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典