スポンサーリンク

「感化される」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「感化される」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「感化される」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「感化される」とは?意味

「感化される」は、なすすべなく、自分の考えや主張が変化することで、何故なすすべがないかについては、されるというのが外部からの刺激によっての変化であるため、本人は自覚することなく、考えや主張が変化するが故、「感化される」は自覚がある変化です。

しかも、「感化される」は相手側が正しいという認識を持てば、抵抗することなくそれを受け入れ、相手側が正しいという認識を持って相手の味方になります。

「感化される」の概要

「感化される」のされるという部分は実は、外部からの刺激によって影響を受けることなので、実のところ影響を受けた人物はその変化について認識を認識してはいるが抵抗できません。

その為、悪さをされるという言葉はまさに、変化について抵抗をできないことを意味し、「感化される」も抵抗できないが故考えが変わってしまっています。

これは、犯罪行為を正当化している人物に対して「感化される」とした場合、実は犯人側は正しいと思ったり、抵抗できないが故犯人に従っているだけを意味するのです。

よって、「感化される」は、自分から抵抗することが不可能な状況で考えが変わることです。

「感化される」の言葉の使い方や使われ方

「感化される」は自分の考えが変わることについて使用し、使用されるケースは、抵抗できない事柄について自分なりに考えたり、行動した結果思考を変えることに使用されます。

「感化される」を使った例文

・『殺人犯の考え方に感化される』
この例は、様々な方向にとらえることができる例です。

一つは、殺人犯は実は正しいのではないかと考えを変えてしまうケース、他には、犯罪者が怖いので抵抗できないが故、一応犯人の考えに従おうとしているだけを意味するのが、「感化される」になります。

「感化される」は抵抗できないため、最初のケースは抵抗以前の問題で2つ目のケースが恐ろしさで抵抗できていません。

・『政治運動に感化される』
このケースは、相手側の政治運動家が正しいと理解しているが故、抵抗すらしません。

そして相手と同じ思考を持っていくので感化は相手の思考と自分の思考を合わせることでもあるのです。

まとめ

「感化される」は良い意味であれば、嗜好の統一ですが悪い意味では、犯罪者へと健常者が変貌するし好変化です。

特に犯罪者側に同情し、実は犯罪者側は正しい行動、正しい考えなのではないかと考えた場合も「感化される」でこれは犯罪者の思考と同じ思考を持とうとする一つの表れです。

その為、よくテロリスト側に味方をする一般市民は、抵抗することなく相手側を受け入れるのは、「感化される」の一つの特性である、抵抗できないことになり、むしろ抵抗する必要性がないことでもあります。

これが「感化される」の厄介な点で、人間は正しいことが複数あれば、どちらを選択するかによって人生が変化し、この場合、テロリストに味方をした場合はテロリストとして扱われ一般人でも処理されてしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典