「慇懃無礼」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
四文字熟語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「慇懃無礼」について

「慇懃無礼」の読み方は「いんぎんぶれい」です。

あまり見かけない言葉かもしれませんが、たまに小説などに出てくる四字熟語です。

意味をきちんと知っておくことで自分なりにアレンジして活用することができます。

「慇懃無礼」の意味とは

「慇懃無礼」の意味は、あまりにも目に見るほどの丁寧さが分かり、かえってそれが失礼になる印象になります。

やはり初対面の方などへの言葉遣いや態度、これが丁寧すぎるとかえってぎこちなく、無礼になるといった意味が込められた四字熟語です。

かえって嫌味で誠意が感じないので、好印象ではないです。

特に相手の態度が表向きだけ丁寧で、誠意が込められていないような態度なので、かなり失礼に感じるのは間違いないはずですし、きちんとした態度で接することは重油おです。

「慇懃無礼」の言葉の使い方

「慇懃無礼」の使い方をご紹介します。

その人の態度を表現する際に用いる四字熟語です。

とても丁寧な態度をしているにもかかわず、かえってその態度が失礼になる印象など、やはりいかにもわざとらしいような嫌味があるような印象に見える様子の時に活用するような四字熟語です。

表面は礼儀正しいようにしているけど、かえってそれが相手を見下しているような印象になる態度で使います。

表面上だけの付き合いの方など、四字熟語を活用することで上手に表現することができます。

「慇懃無礼」を使った例文

「慇懃無礼」を使った例文や解釈などいくつかご紹介するので参考にしてください。

「慇懃無礼」の例文1

「あなたが慇懃無礼な態度だな」

そのあなたの態度は慇懃無礼なので、とても丁寧だが、かえって嫌味に見えて見下しているような、誠意を感じなような態度だということ。

その態度が、相手の方にとってかなり無礼な印象にうつるなど、しっかりと態度が判断できます。

「慇懃無礼」の例文2

「慇懃無礼なものの言い方をするな!」

とても丁寧な対応でものを言ったように見せかけているが、誠意がこもっていないようなうわべだけの挨拶をしている様子が伝わる例文になっています。

やはり表面上だけで挨拶している様子が伝わってくるので、ものの言い方なども気をつけておかねばなりません。

「慇懃無礼」の例文3

「とても慇懃無礼な態度の銀行員が我が家に来た」

自宅へ訪問した銀行員は、とても丁寧な態度で接しているが、丁寧すぎで誠意がこもっていない様子がよくわかるので、いかにも失礼な印象に感じた様子が伝わる例文になっています。

銀行員の態度にかなり頭に来ている様子が伝わりますし、四字熟語を活用することで簡単に表現することができます。

「慇懃無礼」の英語と解釈

“Insolent politeness”この「慇懃無礼」の英語は“Insolent politeness”です。

まず“Insolent”「無礼な・横柄な・生意気な」といった意味です。

“politeness”の意味は「丁寧な・礼儀正しい」といった意味が込められています。

「慇懃無礼」の類語や類義表現

類義語は「形だけの・上辺だけ取り繕った・表面的な・上っ面だけの」など、誠意を感じない表現です。

「慇懃無礼」

「慇懃無礼」は表面上の丁寧さのみで、誠意を感じない時に用いる四字熟語です。

なので、この四字熟語を活用することで、どういった態度で相手が接しているのかよく理解できるので、文章作成する際に用いるとよいでしょう。

「慇懃無礼」

「慇懃無礼」を使って上手に相手の態度を表現するなど、上っ面だけでの間柄ということがよく理解できるようになります。

そうすることで、お互いにとって今後の付き合い方なども分かりような表現方法として用いると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
四文字熟語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典