スポンサーリンク

「憩いの場」とは?意味や使い方、例文など解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「憩いの場」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「憩いの場」の意味を分かりやすく説明していきます。

「憩いの場」の意味から取り上げます。

スポンサーリンク

「憩いの場」とは?意味

最初に「憩いの場」の意味をご説明致します。

「憩いの場」(いこいのば)とは基本的に、落ち着いて休める場所のことを指しております。

簡単に書きますと、広い空間で且つ、物静かな空間が対象になります。

そして、BGMがある場合は、静かに流れている場所などを想像すると分かりやすいはずです。

「憩いの場」の概要

次は「憩いの場」の概要を解説していきます。

「憩いの場」の概要としては、ゆっくりと休息が取れる場所や、落ち着ける場所を指しているのです。

基本的に静かな場所で面積などもある程度広い場などが、対象となるでしょう。

BGMがあったとしても、安らげるような音量や音楽が展開されていることが多いようです。

やはり、ガチャガチャうるさい空間は「憩いの場」とは言えないでしょう。

いい例としてパチンコ屋さんなどは、とてもじゃありませんが、「憩いの場」とは程遠い空間なのです。

「憩いの場」の言葉の使い方や使われ方

この項目において、「憩いの場」の言葉の使い方や使われ方を取り上げてみましょう。

「憩いの場」を使う場合は、基本的にゆったりと寛いで、休息ができる場所を指すときに使います。

それでは「憩いの場」の使い方と使われ方を、例文を用いて書いていきます。

「憩いの場」の使い方 ・『街の商業施設に展開している図書館が、お年寄りの憩いの場としても機能しているようです。そこで若い人の交流会なども不定期ですが、開催していると聞きました』
・『あの喫茶店は、若い人たちの憩いの場だったのですが、コロナ禍の所為で潰れてしまいました』
・『自分は誰でも寛げるような憩いの場的なカフェを、経営したいと思っております。それが軌道に乗りましたら、フランチャイズ展開していきます』
・『社長が会社の憩いの場として、喫煙室を新しく作ってくれました。早速、使ってみたところ、非常に寛げる空間でした』
・『基本的に憩いの場の数が、年々少なくなっているように思いますので、その辺を自治体が把握して、憩いの場をある程度、確保してほしいと思っております』

「憩いの場」の類語や言いかえ

最後に「憩いの場」の類語や言いかえを説明します。

「憩いの場」の類語や言いかえとしては、「休憩所」「休息所」「カフェ」「バー」「休める場所」「癒しの空間」「寛げる場所」などが類語や言いかえとなります。

やはり「憩いの場」的な意味で使える場所としての必須条件としては、広くて静かな場所であることは必須です。

そして、できれば個人的なプライベート空間なども作られている場所があれば、憩いの場としてのクオリティも更に高くなることでしょう。

まとめ

まとめとして、「憩いの場」とは基本的に、静かな場所で広く、ゆっくりと寛げる場所を指しております。

ゆったりとしたBGMや雰囲気を纏っている場所が、「憩いの場」としては、相応しいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典