スポンサーリンク

「成年」と「青年」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「成年」と「青年」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「成年」「青年」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「成年」とは?

法律行為をすることができるとみなされる年齢のことです。

法律行為とは、法律で効力の発生が認められる行為のことをいいます。

たとえば、選挙、クレジットカードの契約、ローンを組んでの自動車の購入などです。

クレジットカードの契約をするときには、契約書にサインをします。

記載されている事項に納得したうえでのサインなので、サインをしたということは法律的な効力が発揮されたことになります。

幼稚園生は、その用紙を見ても何が書かれているかわからず、またなぜサインをするのかもわからないことでしょう。

これは、法律行為をする能力があるとみることはできません。

しかし、ある程度の年齢になると、用紙の意味やサインをする意味がわかるようになります。

そういった意味を理解しており、自分の行為に責任を持てるようになる、おおよその年齢があります。

その年齢を指す言葉です。

国によって何歳なのかは違い、日本の場合は2021年3月31日までは20歳、それ以降は18歳となります。

「成年」の使い方

法律行為を自身の判断によって完全に行うことができるとされる年齢を指して使用する言葉です。

人間について使用をし、動物には使用しません。

「青年」とは?

10代から20代くらいの男女のことです。

30代を含める場合もあります。

この年齢は国によって多少違いがあります。

「青」は若いという意味を持つ漢字です。

「年」はねんれいを意味します。

このことから、「青年」とは若い年齢を指していることがわかります。

年齢については、いくつかのわけ方があり、日本の場合は農業経営基盤強化促進法、厚生労働省における若年者雇用の定義などが定義するものは、それぞれ違います。

この言葉が意味する年齢とは、生まれてから経っている月日をいいます。

生まれてから何十年も経っているけれど、まだまだ心は20代といったことはいいません。

「青年」の使い方

若い年齢を指して使用する言葉です。

若いとは何歳なのかはっきりとした定義はありませんが、日本の場合は10代、20代をいいます。

年齢は生まれてからの月日を意味しています。

「成年」と「青年」の違い

どちらの成長過程の一つを意味しているのですが、同じものではありません。

前者は、法律的な行為をすることができると判断される年齢を指しています。

後者は、若い年齢を指しています。

意味する年齢は国によって異なります。

「成年」の例文

・『もうすぐ成人を迎える』
・『成人の仲間入り』
・『成人してから家を出た』
・『もう成人したのだからしっかりしなさい、と母に言われた』

「青年」の例文

・『青年を追いかける警察官』
・『ドラマで青年を演じる』
・『孤独な青年』
・『青年の意見を尊重する』

まとめ

どちらの言葉も人間の成長過程の一つを指していますが、それぞれの言葉が意味する年齢は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典