スポンサーリンク

「成長」と「発達」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「成長」と「発達」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「成長」「発達」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「成長」とは?

人や動植物が育ち大きくなることを意味する「成長」

大人になることを意味し用いることもあります。

そのほか、物事の規模が大きくなること、といった意味もあります。

「成長」「成」には、出来上がる、仕上がる、立派な、といった意味があり、「長」には、育つ、といった意味があります。

そのような意味を持つ漢字が組み合わさり、育ち大きくなる、大人になる、といった意味となります。

「成長」を別の言葉で言い表す場合、「進化」「生まれ育つ」「ステップアップ」「前身」などとなります。

「成長」の使い方

「成長」の場合、「成長する」「成長した」といった使い方のほか、「成長期」「成長記録」「成長過程」「成長曲線」「成長産業」「成長ホルモン」「経済成長」などといった言葉があります。

「発達」とは?

体や精神などが成長し、今よりも完全な形態、機能を持つようになることを意味する「発達」

そのものの機能がより高度に発揮されることも意味する言葉です。

また、そのものの規模が大きくなる際にも「発達」が用いられます。

「発達」は主に機能が高度になることを意味する言葉となります。

「発達」を別の言葉で言い表す場合、「進化」「発展」「進歩」「進展」「上達」などとなります。

「発達」の使い方

「発達」の場合、「発達する」「発達した」といった使い方のほか、「発達障害」「発達段階」「未発達」などといった言葉があります。

「成長」と「発達」の違い

「成長」「発達」の違いは、明確です。

「成長」の場合、大きくなる、育つものは、物事の程度となります。

体が大きくなる、大人になる、といった場合は「成長」となります。

一方、「発達」の場合は、機能が高度になることとなります。

単に大きくなるだけではなく、機能の高度化が「発達」には含まれます。

「成長」の例文

・『息子が成長期を迎え、声変わりが始まりました。』

・『様々な経験が人を大きく成長させると私は考えます。』

・『20歳になった娘の成長記録を見返し、非常に懐かしい気持ちになりました。』

・『事業が無事に成長することを願います。』

「発達」の例文

・『周りの子に比べ言葉が遅く、発達の遅れが気になります。』

・『大きく発達した台風が週末、接近すると言われています。』

・『IT技術の発達により、様々なことができるようになりました。』

・『技術の発達により、便利に暮らせるようになりました。』

まとめ

同じ大きく育つといった意味を持つ「成長」「発達」ですが、何が育つのかといった違いがあります。

「成長」は、体や物事、そのものが育つことを意味し、「発達」の場合は、見た目ではなく、その中身となる機能の高度化が含まれているのです。

このような違いを踏まえ、「成長」「発達」を使い分けることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典