「成長を遂げる」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「成長を遂げる」

成長を遂げるという言葉は「せいちょうをとげる」と読みます。

成長という言葉は育って成熟することを指しており、遂げるというのは目的を達する、果たす、最後にそのような結果となる、という意味を持っています。

つまり、成長を遂げるというのは成長を果たす、見事に大きくなる、という意味を持ち合わせているのです。

「成長を遂げる」の意味

成長を遂げるという表現は経済でも使われますし、一般的なビジネス用語としても使われます。

また、日常会話でも使われることがあるでしょう。

例えば経済成長を遂げた、急成長を遂げた、などといった言い回しが可能です。

政治用語としても使われる表現です。

「成長を遂げる」の言葉の使い方

成長を遂げるという表現には様々な言い回しがありますが、成長するというよりも比較的ビジネスに適した言い回しになるため、職場などでも使われることが多いです。

経済用語や政治用語として使われることもあるため、特にビジネスにおいては重視しておきたい言い回しの1つになります。

「成長を遂げる」を使った例文・短文(解釈)

それならば、成長を遂げるという言葉にはどのような言い回しがあるのでしょうか。

ここでは成長を遂げるという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「成長を遂げる」の例文1

「日本は第二次世界大戦後、高度経済成長を遂げた」

高度経済成長はそれで1つの単語ですが、日本は第二次世界大戦の後、大きな経済成長を遂げました。

戦争で負けたにもかかわらず、日本は経済的に大きな飛躍を遂げ、世界的に劣ることのない経済大国へと発展したのです。

今ではアメリカを筆頭に、世界第二の経済大国になりました。

戦争で負けたときには日本がここまで立ち上がることができるとは思われていなかったのです。

しかし日本はアメリカなどの援助を得て見事に立ち上がったと言えるのです。

「成長を遂げる」の例文2

「このお店は最近になって急成長を遂げている」

最近では経済が厳しいということもあり、あちこちでお店の差別化が図られています。

どこのお店も集客数を増やすために忙しく、他のお店にはないサービスをたくさん考え出さなければいけません。

そのようなアイディアを思い起こすことができれば集客数を大幅に増やすことができるのです。

そのため、今まで全然お客さんがいなかったようなお店にいきなりお客さんが行くようになったら、そこのスタッフたちに何らかの変化があったのかもしれません。

最近になって急成長を遂げたというお店は注目の的になり、多くの人が訪れることになるでしょう。

「成長を遂げる」の例文3

「この街はこの県の中でもめざましく成長を遂げている」

47都道府県の中で、町はそれぞれ大きく発展をしています。

そんな中、目覚ましい成長を遂げることができる街もたくさんありますよね。

特産品を磨き、他の地域にはないものを身に付け、観光客を増やしたり、売り上げを伸ばしたり、という工夫が行われています。

お菓子メーカー等と協力し、特産品をお菓子として売り出すということもなされています。

そのような工夫によって街は大きく成長していくことができるのです。

「成長を遂げる」の例文4

「アメリカの南西部はアメリカの中でも急成長を遂げている」

アメリカと言えば、多くの人がカリフォルニアやニューヨークを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、アメリカはそれだけではありません。

南西部にあるテキサスやアカンサスなど、南西部の効果もアメリカでは大きな発展を遂げています。

テキサスと言えば、アメリカの中でも最も大きな州の1つであり、メキシコからの移民がたくさんいる州でもあります。

最近はそのようなアメリカの南西部が特に発展をとげ、全米に大きな影響を与えているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典