スポンサーリンク

「戦歴」と「戦績」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戦歴」と「戦績」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「戦歴」「戦績」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの具体的な違いや使い方を把握して、自分で使う場面や場所等を判断して活用していってください。

スポンサーリンク

「戦歴」とは?

最初に「戦歴」の意味をご説明致します。

「戦歴」の意味としては、軍人やスポーツ選手が存在し、軍人ならば戦争、スポーツ選手ならば競技等に参加した経歴の事を意味しております。

是非とも参考にして覚えておいてください。

「戦績」

次は「戦績」の意味を解説していきます。

「戦績」の意味とは、軍人であれば戦争に参加して挙げた戦果、スポーツ選手ならば競技に参加して挙げた成績を意味しております。

参考にして覚えておいてください。

「戦歴」と「戦績」の違い

ここの項目にて「戦歴」「戦績」の違いを解説します。

「戦歴」「戦績」の違いは上で解説している意味を照らし合わせてみてください。

照らし合わせることによって「戦歴」「戦績」の違いは見えてくるはずです。

前者の「戦歴」とは、経歴と覚えてください。

後者の「戦績」とは、戦果や成績と認識してください。

両者の共通項としては、軍人やスポーツ選手が対象となるという事です。

以上が「戦歴」「戦績」の違いとなりますので、是非とも参考にして活用してみてください。

次は「戦歴」「戦績」の使い方の違いを見ていきましょう。

「戦歴」と「戦績」の使い方の違い

前者の使い方としては、「彼らは南方で戦ってきた戦歴があるので、かなりのエースだろう」という使い方が分かりやすいはずです。

そして、後者の使い方としては、「エースパイロットは撃墜数が5機以上という基準があるそうだ」という使い方を理解していただくと、非常にイメージしやすいでしょう。

以上が「戦歴」「戦績」の使い方の違いとなります。

参考になれば幸いです。

「戦歴」を使った例文

ここでは「戦歴」を使った例文を書いていきます。

・『新米パイロットは戦歴が浅いのだ』
・『10年以上、この競技を続けている選手らしいので戦歴も凄まじいだろう』
・『彼らの戦歴、技量、人格から隊長として選抜しました』
・『戦歴が古い者は腕の方は確かである』
・『オリンピックに出場という戦歴を持っている選手だ』
以上が「戦歴」を使った例文になりますので、是非とも参考にしてみてください。

「戦績」を使った例文

次は「戦績」を使った例文を書きます。

・『彼は戦績を残していないと言っていた』
・『撃墜数は60機以上という戦績を持っているベテランパイロットだ』
・『戦績がある者に操縦を教えてもらいたい』
・『戦績としては金メダルを取ったことがあるそうだ』
・『競技で残した戦績は輝かしいものだ』
以上が「戦績」を使った例文になりますので、参考になれば幸いです。

「まとめ」

まとめとしては、「戦歴」というのは軍人やスポーツ選手の、経歴を意味しております。

軍人は戦争、スポーツ選手は競技歴等です。

「戦績」というのは、成果や成績を意味しております。

軍人であれば戦果、スポーツ選手であれば成績というものです。

是非とも把握して、活用してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典