スポンサーリンク

「手法」と「方法」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「手法」と「方法」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「手法」「方法」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「手法」とは?

「手法」には、ものごとのやり方といったいみがあります。

特に「手」という漢字が用いられていることから、なにか作品を作るうえでの表現方法を意味し、その表現方法、つまり、「手法」は、人によって、また、作品によって異なります。

「手法」と同じような意味を持つ言葉には、「テクニック」「技」「技法」「画法」「手際」「手段」などがあります。

「手法」の使い方

「手法」には、どのような「手法」なのかを示す、「絵画の手法」「構成の手法」「俳句の手法」「独自の手法」「マネジメント手法」などがあります。

また、「手法を用いて」「手法を取り入れる」「手法を編み出す」「手法をとる」などといった形で用いられます。

「方法」とは?

「方向」を意味する「方」の文字が使用されている「方法」には、目標に達するための手段といった意味があります。

なにかの目的に対し、その目的を果たすやり方を意味し、その目的に向かいやり進める行為を意味します。

「方法」と同じような意味を持つ言葉には、「やり方」「手だて」「仕様」「筋道」「戦術」「メソッド」などがあります。

「方法」の使い方

「方法」には、どのような「方法」なのかを示す、「販売方法」「操作方法」「簡単な方法」「勝つ方法」「作る方法」「別の方法」などがあります。

また、「方法を考える」「方法をとる」などといった形で用いられます。

「手法」と「方法」の違い

同じ手段でも、「手法」「方法」では中身が異なります。

「手法」の場合、なにか作品を作るうえでの表現方法を意味し、「方法」の場合は、目標を達成するためのものとなります。

英語で言えば、「手法」“Skill”(スキル)。

「方法」“Method”(メソッド)といった違いになります。

「手法」の例文

・『生徒、独自の手法で描かれた作品は、素晴らしいものでした。』

・『基本的な俳句の手法を学ぶため、俳句の会に入会することにしました。』

・『少しでのアイデアで、新しい手法を編み出すことができました。』

・『私の絵画の手法は、いつも、奇想天外な手法だと言われます。』

「方法」の例文

・『人気アイドルのチケットを確実に購入するため、購入方法を確認する。』

・『ゲームで勝つための方法を友達から教えてもらうことができた。』

・『今回の議題に対し、何か別に良い方法はありませんか。』

・『私は、少しでも早く目標を達成するため、彼とは違う別の方法で進めることにしました。』

まとめ

以上のような違いのある「手法」「方法」

「手法」は技法などを意味するものであり、絵画や手芸作品などで用いられることが多くなります。

「方法」は、目標を達成するためのもので、その目的は明確なものが多く、何かの「操作方法」「販売方法」など明確な目的の下、用いられることが多い言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典