「打刻」と「彫刻」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「打刻」と「彫刻」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「打刻」「彫刻」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「打刻」とは?

「打刻」の意味と概要について紹介します。

「打刻」の意味

「打刻」「だこく」と読みます。

意味は「金属など硬い版に文字や数字を打って彫り付けること」「タイムレコーダーなどで時刻を打って記すこと」です。

「打刻」の概要

「打刻」には、以下の2つの意味があります。

1つ目は「金属などの硬いものに、文字や数字などを打って彫り付けること」という意味で、メダルなど金属でできているものに、熱や圧力を加えて文字や数字などを彫り付けることを言います。

「彫刻」は人や物を彫り込むことですが、「打刻」「文字や数字」をきざみこむことを表します。

2つ目は「企業などで出勤・退勤する時に、タイムレコーダーで時刻を打ち記すこと」という意味で、一般的にはこちらの意味で使われることが多くなります。

「彫刻」とは?

「彫刻」の意味と概要について紹介します。

「彫刻」の意味

「彫刻」「ちょうこく」と読みます。

意味は「硬い素材を蚤や刀などで削り、物の形を立体的に表現すること」「基盤となるものの表面に図形を削り表すこと」です。

「彫刻」の概要

「彫刻」には、以下の2つの意味があります。

1つ目は「木や石、金属などの硬い素材を、蚤や刀などで削り、人や物の形を立体的に表現すること」という意味で、芸術作品に対して使われます。

代表的な「彫刻」として「考える人」「ミロのヴィーナス」「ダビデ象」など、歴史的な作品があります。

2つ目は「基盤となるものの表面に、図形などを削り表すこと」という意味で、「レリーフ」とも言われ、「カメオ」など装飾品に使われます。

「打刻」と「彫刻」の違い!

「打刻」「金属などの硬いものに、文字や数字などを打って彫り付けること」です。

「彫刻」「硬い素材を蚤や刀などで削り、物の形を立体的に表現すること」です。

まとめ

今回は「打刻」「彫刻」の違いをお伝えしました。

「打刻は文字や数字が対象」「彫刻は人やものが対象」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典