「打開策」と「解決策」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「打開策」と「解決策」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「打開策」「解決策」の違いを分かりやすく説明していきます。

「打開策」とは?

「打開策」の意味と使い方について紹介します。

「打開策」の意味

「打開策」「だかいさく」と読みます。

意味は「行き詰まった状況を打ち破る為の方法」のことです。

「打開策」の使い方

「打開策」は、行き詰まった状況を切り開くことを言います。

現在何か問題が起きて、ものごとが進まなくなってしまっている状態にあり、一刻も早く現状を変えて一歩先に進む方法が欲しい時に使われます。

「打」「うつ」と読みますが、「強く叩く」という意味ではなく、語調を整える意として使われています。

「開」「ひらく」とも読み、「あける」「はじめる」という意味で、「何とかして道をあける」という意味になります。

「問題がある時」「マンネリやスランプを感じている時」「先行きに不安がある時」に、一歩踏み出す方法として使われます。

「解決策」とは?

「解決策」の意味と使い方について紹介します。

「解決策」の意味

「解決策」「かいけつさく」と読みます。

意味は「問題を上手く処理してなかったことにする方法」です。

「解決策」の使い方

「解決策」は、問題を上手く処理して、元からなかったことにする方法を言います。

スッキリと問題を消滅させる方法であり、ものごとが元通りスムーズに進む様になる時に使います。

「打開策」は、「とにかく今のこう着状態から一歩踏み出す為の方法」であるのに対し、「解決策」「スッキリと決着をつけること」という意味に使われます。

「打開策」と「解決策」の違い!

「打開策」「行き詰った状況を切り抜けて一歩進む為の方法」です。

「解決策」「ものごとに決着を付けてスッキリさせる方法」です。

まとめ

今回は「打開策」「解決策」の違いをお伝えしました。

「打開策は一歩前進する策」「解決策は決着をつける策」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典