スポンサーリンク

「抑制」と「制御」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「抑制」と「制御」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自由な活動を抑えてコントロールすることを指して「抑制する」「制御する」といいますが、この二つにはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、「抑制」「制御」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「抑制」とは?

「抑制」とは、抑えとどめることを意味する言葉です。

また、意識的な努力によって衝動やそれに伴う感情・思考をおさえつけることという意味もあります。

「抑」という漢字は、おさえつけるという意味を持ち、「制」という漢字は、従わせるという意味を持ちます。

一文字違いで「抑止」がありますが、こちらはおさえつけて活動などをやめさせるということなので少し意味が違う言葉です。

「抑制」を英語にすると“restrain”になります。

「抑制」の使い方

動詞で使う場合は「抑制する」という形になります。

「抑制均衡」は、「チェックアンドバランス」とも呼ばれ、政治権力が特定部門に集中するのを防ぐために、権力同士で抑制と均衡を保たせることです。

「制御」とは?

「制御」とは、相手を押さえて自分の思うように動かすことを指す言葉です。

機械・化学反応・電子回路などを目的の状態にするために適当な操作・調整をすることという意味で使われる場合もあります。

「制」「抑制」と同じですが、「御」という漢字には、安定させるという意味があります。

「制御」を英語にすると“control”になります。

「制御」の使い方

動詞として使う場合には「制御する」という形になります。

「制御装置」は、コンピューターで与えられた命令を解読して必要な信号を送り、自動的に処理が進行するように制御する装置のことです。

「制御」を含む用語は、「制御卓」「制御盤」など、コンピューターや機械に関わるものがたくさんあります。

「抑制」と「制御」の違い

「抑制」という場合には、対象の動きや活動をおさえつけるという意味ですが、「制御」という場合には、おさえつけることに加えて、対象を自分の思うように動かすという意味を持ちます。

つまり「制御」は、「抑制」と比べて、より対象に積極的に働きかけるという意味になります。

「機械の動きを抑制する」は、機械の動きをおさえつけるということですが、「機械の動きを制御する」は、機械を自分の意のままに動かすことです。

「抑制」の例文

・『抑制均衡を保つ。』

・『物価の上昇を抑制する。』

・『インフレを抑制するための政策を打ち出す。』

・『権力の暴走を抑制するシステムを作る。』

「制御」の例文

・『ハンドルの制御が不能になった。』

・『この機械を制御するのがあなたの仕事です。』

・『彼は自分の欲望を制御できない危険な人間だ。』

・『この車はAIによって運転を制御している。』

まとめ

「抑制」は、動きをおさえとどめることで、「制御」は、自分の思うままに動かすことです。

同じ「制」を使った熟語ですが意味は異なるので注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典