スポンサーリンク

「投資家」と「投機家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「投資家」と「投機家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「投資家」「投機家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「投資家」とは?

「投資家」とは、投資を目的としている発行された株式や債券、通貨、不動産などを保有している人の事を指します。

「投資家」が主に行っているものは、上記のように株式、債券、不動産などがあり、その目的は様々になっています。

株式に投資している「投資家」は、配当により利息や分配などの金銭的な目的、株を保有している会社の経営への参画を目的にしている場合もあります。

「投資家」はどちらかといえば、長期的な値上がりなどでの利益を目的としている人たちを指す事が多くなっています。

「投資家」には「個人投資家」「機関投資家」があり、「個人投資家」は個人で行っている「投資家」を指し、「機関投資家」は個人から搬出された巨額の資金で株式を運用する法人の事を指します。

外国の不動産や株式に対して投資する人は、投資先の国から「外国人投資家」と呼ばれ、日本では「外国人投資家」売買の割合が5割を超えていると言われ、その動向により多大な株価の影響を受けるため、常に注意が払われる存在とされています。

「投資家」の中には、投資で成功を収め巨万の富を得る人もいて、世界の長者番付に名を連ねている人もいる程で、ある意味ギャンブルと呼べるのかもしれません。

一方で「投資家」にはリスクも当然存在していて、保有株の価値が下がったりした場合には利益どころか損失となってしまう場合も多く、市場の動向や、ちょっとしたニュースにまで目を配る必要があります。

労働する事が一般的となっている社会において、時に「投資家」はネガティブキャンペーンの対象となる場合もあります。

「投機家」とは?

「投機家」とは、デイトレードなどの短期売買する人を指します。

「投機家」は分刻みで株式やFX、為替などの取引をして、数分の短時間で利益が決着する場合が多く、「投資」より、よりギャンブル的だとの指摘もあります。

社会的に悪者にされるような場合あり、市場の混乱や経済難が起こったりした場合に、「投機家」が槍玉にあげられ批判の的になる事が多く、政治家は責任転嫁の末に市場を規制します。

実際に相場師として有名な、ジョージ・ソロス氏は、「イングランド銀行を潰した男」と言われているくらいです。

「投資家」と「投機家」の違い

「投資家」は長期的に株式の利息や分配を目的としている投資する人を指し、「投機家」は差益利得を目的としたデイトレードなどの短期売買をする人を指します。

しかし、行動が「投機家」であっても「投資家」と呼ばれる場合もあり、どちらの言葉を使用するかは曖昧な部分も多くなっています。

まとめ

「投資家」「投機家」はともに投資する人に対して使われる言葉ですが、その違いは投資の目的にあります。

利益を優先して短期で取引する人たちを「投機家」、長期的な利益を目的としている人たちを「投資家」と分けて呼ぶということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典