「折りたたみ傘」と「傘」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「折りたたみ傘」と「傘」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「折りたたみ傘」「傘」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「折りたたみ傘」とは?

「折りたたみ傘」の意味と概要について紹介します。

「折りたたみ傘」の意味

「折りたたみ傘」「おりたたみかさ」または「おりたたみがさ」と読みます。

意味は「雨や日差しを避ける為にかざす道具で、骨が折り曲げられたり、中心の棒が伸縮したりして、小さくたためるもののこと」です。

「折りたたみ傘」の概要

「折りたたみ傘」は、傘の種類で、骨の部分が折り曲げられたり、中心の棒が伸縮したりして、小さくたためるもののことを言います。

コンパクトで持ち運びに便利で、外出先で急な雨にあっても安心です。

バッグの中に入るので、外出先で置き忘れにくくなります。

ただし、折りたためる分骨が弱くて壊れやすいことと、サイズが小さめなので長時間使用すると濡れ易いというデメリットがあります。

「傘」とは?

「傘」の意味と概要について紹介します。

「傘」の意味

「傘」「かさ」と読みます。

意味は「雨や日差しを避ける為に、頭の上に広げてかざす道具のこと」です。

「傘」の概要

「傘」は、雨や日差しが当たらない様に避ける道具で、頭の上に広げかざして使います。

木や金属でできた骨に、紙や布を張って円状に仕上げ、中心部に棒を付けて閉じたり広げたりできる様になっています。

語源は「笠」と同じですが、区別する為に「さしがさ」とも呼ばれています。

一般的に用途別で、雨よけの「雨傘」と、日よけの「日傘」に分けられます。

また、形状としては、張りの部分をくるくると巻いて持ち歩く「長傘」と、骨を折り畳んで持ち歩く「折りたたみ傘」があります。

「折りたたみ傘」と「傘」の違い!

「折りたたみ傘」「小さくたためる傘のこと」です。

「傘」「雨や日差しを避ける為に、頭の上に広げてかざす道具のこと」です。

まとめ

今回は「折りたたみ傘」「傘」の違いをお伝えしました。

「折りたたみ傘は折りたためるもの」「傘は雨傘と日傘の総称」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典