スポンサーリンク

「折衝経験」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「折衝経験」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「折衝経験」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「折衝経験」とは?意味

「折衝経験」「折衝」とは、「利害関係が異なる相手と問題解決のために、交渉や駆け引きを行う事や、その駆け引き」を指す言葉です。

従って「折衝経験」とは「利害関係が一致しない相手と問題を解決するために、かけひきをした経験」と言う意味になります。

「折衝経験」の概要

「折衝経験」「折衝力」は、近年就職等において重視される要素として、しばしば耳にする言葉です。

「折衝経験」の有無と言えば、クレーム対応を思い浮かべる方も少なくないと思います。

しかし窓口対応や接客等で顧客と直接対応し、場合によってはクレーム対応も必要な業務だけでなく、ビジネスにおいては「折衝」はどんな職種においても必要な要素と言えます。

例えば、バイヤーなら仕入れ先と金額や納期の「折衝」は当たり前に行われますし、大企業で部門が多岐に渡る様な所では、顧客や仕入れ先等の社外ではなく、社内の関連部署との「折衝」も重要です。

途中採用等の条件で「折衝経験」のある方優遇と言った表現がされている場合には、窓口対応や接客と言った狭義の「折衝経験・能力」を念頭に置いていると言えます。

しかし、狭義の「折衝経験」がなくても、そうした条件を提示している企業は、実は「折衝経験」がある事を求めているのではなく「折衝能力」を求めているのです。

従って面接等では、先に記載したような、自身の社外や社内での広義の「折衝経験」を話し、「折衝能力」がある事を訴求すれば良いと言えます。

いくら窓口業務や接客で「折衝経験」があっても、最近増加傾向のある不条理なクレーマーに対応する事は容易ではありません。

まず対人において、意思疎通が十分に図れ、その上で広義の「折衝経験・能力」があれば、与えられた仕事がクレーム対応等の過酷な「折衝」であったとしても、その仕事を通じて、不条理なクレーマーに対する接し方等のテクニックを身に付けて行けば良いと言えるでしょう。

「折衝経験」の言葉の使い方や使われ方

「折衝経験」の言葉は『折衝力は顧客と対応する窓口での折衝経験だけでなく、色々なビジネスの場面で身に付ける事が出来るスキルです。』や『単なる折衝経験がある程度では、最近の不条理とも言えるクレーマーに対応するには不十分です。』などと使われます。

「折衝経験」の類語や言い換え

「折衝」の類語としては、「駆け引き」「談判」「取引き」「交渉」などが挙げられます。

従って「折衝経験」「駆け引き経験」「談判の経験」「取引の経験」「交渉経験」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「折衝経験」とは「利害関係が一致しない相手と問題を解決するために、かけひきをした経験」と言う意味の言葉です。

近年、中途採用等の条件として「折衝経験のある方優遇」と言った文言で、しばしば見受ける事のある言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典