スポンサーリンク

「拙い文章」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「拙い文章」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「拙い文章」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「拙い文章」とは?意味

「拙い文章」とは、「下手な文章」「不格好な文章」を表す言葉です。

主に自分を下げる際に謙遜語として使用されます。

「拙い文章」の概要

「拙い文章」「つたないぶんしょう」と読みます。

「拙い」とは、「物事が上手ではない」ことや「物事についての能力が劣っている」などと言う意味を持つ言葉で、その物事について自慢したり誇ったりする事などとてもできず、誰かに教えたり、披露したりするほど上手ではないという意味を持っている言葉になります。

「拙い」「つたない」と読みますが、一部で「まずい」と言う読み方がなされる場合もあります。

この「まずい」は、料理などの味が「不味い」という意味合いではなく、前述した「つたない」という意味と同様の「下手」「劣っている」などの意味を持ちますので、「まずい」と読まれた場合に「不味い」の意味と混同しないように注意する必要がありますが、ほとんどの場合「つたない」と読まれますので、そこまで気を付けておく必要はありません。

この事から「拙い文章」とは、「下手な文章」「不格好な文章」を表す言葉となります。

この意味は、ビジネスの場や文章を披露する場面において、「自分の文章は下手ではありますが」という謙遜語として使われる事が多くなっています。

「拙い文章」の言葉の使い方や使われ方

「拙い文章」という言葉は、一般的に手紙やメールでその文が下手であるという事を謙遜する際に使用される場面が多くなっています。

また、その文章が「読みにくくて申し訳ない」という謝罪を込めた表現でも使用されたり、文章の最後に付け加え感謝の言葉を述べることで「下手な文章を読んでくださってありがとうございます」という表現としても使用できます。

謙遜語であるという点が重要であるため、「拙い文章」の元の意味である「下手である」「劣っている」などの表現を直接使用する事は適していません。

「拙い文章」を使った例文(使用例)

・『拙い文章で申し訳ありませんが、最後までお読みいただければ嬉しく思います』
・『拙い文章でしたが、ここまでお読みいただきありがとうございました』
・『拙い文章で大変恐縮です』

まとめ

「拙い文章」とは、「下手な文章」「不格好な文章」「劣っている文章」などを意味している言葉です。

主に手紙やメールなどの文章に付け加えることによって、自分を下げる謙遜語として使用される例が多くなっています。

「下手な文章で申し訳ありません」と書くより、「拙い文章で申し訳ありません」と書く事によって、自分を下げ、申し訳ないという気持ちを表現する事ができます。

「拙い文章」という言葉の使い方を覚え、メールや手紙などを書く場面で適切な使い方ができるように覚えておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典