「拙作」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「拙作」とは?

「拙作」という言葉を知っているでしょうか。

「拙作で恥ずかしい」などと、映画の監督などが言うのを聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「拙作」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「拙作」という言葉の意味を紹介します。

「拙作」の読み方

「拙作」「せっさく」と読みます。

特に難しい言葉が使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「拙作」「せっさく」と読みましょう。

「拙作」の意味

「拙作」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「拙作」には「出来栄えのまずい作品」という意味があります。

また「自分の作品をへりくだる」時に「拙作」を使います。

「拙作で恥ずかしい」という文章には、自分の作品をへりくだり、出来栄えがまずい作品のため、見てもらうのが恥ずかしいという意味があります。

実際に自分の作品を恥ずかしいと思うケースは少ないでしょう。

このように「拙作」という言葉には、「出来栄えのまずい作品」という意味があり、自分の作品をへりくだる時などに使います。

「拙作」を使った例文や短文など

続いて「拙作」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「拙作」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「拙作」を使った例文1

「『拙作』だと言われて読んだが、とても素晴らしい作品だった」

この例文は、出来栄えのまずい作品という評判の本を読んだが、とても素晴らしかったという文章になります。

人の見方はそれぞれのため、「拙作」「傑作」と言われたり、その逆もあるでしょう。

「拙作」を使った例文2

「『拙作』ですが、よろしければ試写会に参加ください」

この例文は、自分の撮った映画をへりくだって「拙作」と言って、試写会への参加を呼び掛けている文章になります。

「拙作」の類語や類義語・言い換え

「拙作」の類語や類似表現を紹介します。

「拙作」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「駄作」【ださく】

「駄作」には「できの悪い作品」という意味があります。

また「取るに足りない作品」という意味もあります。

「今回は駄作だった」「駄作なので見なくていい」などという使い方をします。

「凡作」【ぼんさく】

「凡作」には「平凡でつまらない作品」という意味があります。

「凡作で、新しさがない」「凡作のため、見る意味がない」などという使い方をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典