スポンサーリンク

「招致」と「誘致」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「招致」と「誘致」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「招致」「誘致」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「招致」とは?

「招致」は、企業などが一時的に招待者が招待した場所で活動をしてのちに本拠地に帰ることを指します。

つまり、企業であれば、「招致」は一時的に招待者側の地域でイベントを行い期間が終われば帰るという物が「招致」でゲスト枠で企業や一般の方が招待した場所に行くことです。

「誘致」とは?

「誘致」は、企業を自分が持つエリアに招待する際、条件を企業側に提示して企業側にそのエリアに来ていただき自分が持つエリアに居続けてもらうことです。

つまり、「誘致」は自分が受け持つエリアの産業になるよう、条件を提示して企業側が魅力的だと感じた場合、企業はそのエリアで活動を行います。

「招致」と「誘致」の違い

「招致」「誘致」の違いは、招待する側のエリアで企業が活動してもらう際、活動期間が異なります。

「招致」は限定的で活動期間は短いのですが、「誘致」の場合、招待者側の産業となるよう企業を呼び込む行為なので長期に至り企業は該当エリアで活動をします。

「招致」の例文

・『オリンピックの大会を招致したい』
この例は、自分が受け持つエリアをオリンピックの大会会場にしたいという例です。

「招致」は、一時的に自分が持つエリアをゲストに提供することにあり、この場合、ゲストはオリンピックという大会です。

「誘致」の例文

・『自動車工場の誘致に奔走する』
この例は、自己が受け持つエリアを自動車工場として使用してもらうよう企業に頼み込んだという例になります。

企業側は、何か得をしないとビジネスに該当するエリアを使用しようと感じませんので、この場合、「誘致」は企業がある程度そのエリアを長期間使用したいという魅力が無ければなりません。

何故なら、「誘致」は長期間そのエリアにとどまり活動をすることにあるため、企業の場合、魅力が無ければそのエリアに長期間とどまろうと思わないからです。

まとめ

「招致」「誘致」の違いは企業が自分の担当するエリアで活動をすることであるとした場合、「招致」はあくまで限定的に企業が活動し、期間が終われば企業は自分たちの活動エリアに戻ります。

ですが、「誘致」となると話は変わり、長期間該当するエリアで活動を行いますので該当するエリアは「誘致」によって訪れた企業によって産業基盤が作り上げられ、担当者のエリアの収入にも影響するのです。

その為、「誘致」「招致」のどちらを優先するかにおいてはそのエリアを担当する人物の考えにより変わりますが「招致」も一時的なイベントながら、該当エリアの収入になりますので必ずしも「誘致」でなければ該当エリアは収入を得ることができないというわけではないです。

ただ、長期的な企業からの収入を期待する場合、「誘致」をお願いする担当者が多く「誘致」を行うために企業に対して様々な魅力的なプランを「誘致」する側が提示することで企業に来てもらうのが「誘致」になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典