「持続的」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「持続的」

持続的という表現は「じぞくてき」と読み、形容動詞として使われています。

ある状態がそのまま続く様子でもある状態をそのまま保ち続ける様子を指しており、例えば持続的な発展などと使われることがあります。

持続という表現は名詞で、そこに接尾辞である的をつけたことで形容動詞になります。

「持続的」の意味

持続的というのは継続的などという言葉と同じ意味を持っており、物事が長く続いている状態、その状態を保っている姿、などを表しています。

持続的な発展、持続的な社会、持続的な成長、などと使われることがあり、経済用語としても利用されています。

例えばずっと成長し続けていく様子を持続的な成長と言いますし、ずっと発展し続けていくことを持続的な発展というのです。

「持続的」の言葉の使い方

持続的という言葉は経済用語として使われることも多く、経済が関連した表現で使われることが多いです。

例えば持続的な経済成長、持続的な都市開発、などといった使われ方があり、経済成長をしていく様子や都市開発が行われていく様子などを表すことができるのです。

「持続的」を使った例文・短文(解釈)

それならば、持続的という言葉を使った例文にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは持続的という言葉の例文をいくつか紹介します。

「持続的」の例文1

「持続的な開発を行っていきましょう」

開発は何においても大切ですが、いちど開発をしただけでは後れをとってしまいます。

いちどだけどれだけ大きな開発をしたとしても、その時は良いかもしれませんが、時間が経てば他の企業などに後れをとってしまい、成長が遅れてしまうということもあるでしょう。

そのために持続的な開発を行っていかなければいけません。

発展を遂げていくためにも、何度も何度も開発を行うということが重要です。

「持続的」の例文2

「持続的に機能する社会を作っていこう」

住みやすい社会を作るために工夫をしていくという事は非常に大切です。

住みやすい街を求めてあちこち開発したり、改善したり、という事は非常に重要なのです。

しかし、いちどだけ工夫をしても何の意味もありません。

むしろ、1回だけ工夫して満足してしまったら今後の発展は見込めません。

さらに、時間が経てば今までにはなかった問題が生じてくることもあります。

だからこそ、常に問題を想定し、継続的に機能する社会が求められているのです。

「持続的」の例文3

「何よりも持続的な経済成長が大切です」

日本は第二次世界大戦を経て経済成長を遂げました。

それは高度経済成長とも言われ、それによって日本は世界で第二位の経済大国となったのです。

しかし、最近では経済が悪化してしまい、その経済大国は他の国に負けつつあります。

経済成長するときにはその時だけ経済成長しようとするのではなく、継続的に経済成長できるよう、今後のことも考えて計画を立てていかなければいけません。

その時の経済成長だけでは他の国に負けてしまう可能性があるのです。

「持続的」の例文4

「持続的な収入が得られるようにしていかなければいけない」

どれだけ収入があったとしても、それが持続的なものであるという確証がなければ心配ですよね。

臨時収入や不安定な収入では生活していくことができません。

だからこそ、持続的に収入を得られるようにしっかりと工夫をしていかなければいけないのです。

最近では年金等に不安を覚え、不動産などで投資する人が増えています。

持続的な収入を得るため、投資をすることも非常に重要だと考えられているのです。

しかし同時に、投資をするときにはどのくらいのリスクがあるのかということも考えておかなければいけません。

不動産投資をしたからといって誰もがお金を稼げるとは限らないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典