スポンサーリンク

「振興」と「普及」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「振興」と「普及」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「振興」「普及」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「振興」とは?

「振興」は、人為的に物や参加する人物などを拡大することで強制力を持って周囲にそれを広めることです。

例えば、スポーツの「振興」であれば、国が介入してスポーツに関するstadiumなどを作成して強制力をもってして周囲にスポーツへの関心を高めてもらうことを主とします。

逆を返せば、そうしないと周囲は参加しないであろう、周囲に知れ渡らないだろうという物を周囲に知らせるのが「振興」です。

「普及」とは?

「普及」は、何も強制しなくとも勝手に周囲がそれを広めることで認知されている物たちです。

認知されている物は家電だったりスポーツだったりと様々で、人々がそれを知っている、持っているとそれは、「普及」した品物やサービスであったりします。

「振興」と「普及」の違い

「振興」「普及」の違いは、人やサービスの他物などが周囲に知れ渡り使用するまでに関して第3者が介入するか否かです。

「振興」は、実はサービスに物を広めるに際して大きな力が加わり、強制という形で広がります。

その為、本人がそう望むかどうかの位置はどうでもよいのが、「振興」です。

一方、「普及」は本人の意志も一応関係しており、本人がそう思わなければ、「普及」しているとみなさず、週にサービスや物が広まっていないと言い切れます。

「振興」の例文

・『地域振興券』
これは一時期に配られた、地域の活性化を強制的に測る金券です。

強制力があり、国が主体となったが故「振興」という言葉が使用されています。

「普及」の例文

・『ハイブリッドカーはすでに多くの家庭に普及している』
この例は、どこのご家庭もハイブリッド車を所有しているという例です。

「普及」は、自らが望んでそうなるか第3者が介入することなく自然とそうなるため、この例は自然とそうなったか、自らが望んでそうなった例になります。

まとめ

「振興」「普及」の違いは、強制力をもってしてサービスや物を周囲に広めて利用者の増加を図るか、自らがそう望んで利用者となり広がるか自然とそうなるかです。

実は、「振興」は大きな力が働いて、それを周囲に広めようという力が働いています。

ただ、強制力があるのが、「振興」なのですが、必ずしも強制したからと言って皆が従うのが「振興」というわけではありません。

何故なら、「振興」はあくまで使ってもらうことを前提で強制することで周囲が不要と判断した場合、意味が無い強制力になるためです。

その為、「普及」の方が広がりを見せるという意味においては皆がそう望んだ結果広がりを見せているため健全です。

なお、「振興」は地域の経済が活性化したり、周りが望んでいる間は機能しますが、望まなくなると途端破綻してしまうのが、「振興」であるため、強制力があってしても皆がそれを望まない、利用しなくなると途端に廃れてしまい、意味のない産物だけが残ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典