スポンサーリンク

「掃き溜め部署」とは?意味や言葉の使い方など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「掃き溜め部署」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

会社のある特定の部署をさして「掃き溜め部署」と表現することがあります。

あまりいい言葉ではないようですがいったいどのような意味で使われているのでしょうか。

今回は、「掃き溜め部署」の意味と使い方について解説します。

スポンサーリンク

「掃き溜め部署」とは?意味

「掃き溜め部署」とは「会社の中で無能や役に立たない人間が集められた部署」を指す言葉です。

「掃き溜め部署」の概要

「掃き溜め」とは「掃き掃除でゴミを溜めておく場所」のことです。

「掃き溜めに鶴」ということわざがあることからもわかるように「不要なものやいらないものを集めておく場所」という意味で使われるほか「考えもなく雑多に人や物が集められた場所」という意味もあります。

「他の部署では不要とされた能力にかける人間や問題のある人が特に考えもなく押し込められるように集められた場所」を例えて「掃き溜め部署」と表現します。

基本的には集められた人材の質のことを意味しますが、そのように能力にかける問題人物ばかりが集まった部署ですから当然働きは期待できず部署としても会社にとってお荷物のような状態です。

なぜそのような部署が存在するのかについてはいくつかの理由があります。

「今は問題人物だがかつて大きな功績がありそれなりの処遇が必要」「いざというときになにかの役に立つ」「縁故採用で雇い続けないといけない」「能力は高いが人間性に問題がある」など一癖も二癖もある人物に形式上だけでも仕事を与えるために部署が儲けられているというのが一般的です。

もう一つの理由として「劣悪な雇用環境に置くことで自主退職を促している」というケースもあります。

会社都合の解雇は法律的にも金銭的にも会社にとって負担が大きく、更に規制により簡単に解雇はできないのが現状です。

そのような状況において会社にとって一番いいのは社員が自ら辞めることです。

こんな環境で働きたくないと思わせる「掃き溜め部署」をあえて用意し首を切りたい社員をそこに移動させることで自主退職するよう仕向けています。

「掃き溜め部署」の言葉の使い方や使われ方

・品質保証部が掃き溜め部署なのは公然の秘密だ。

・やらかしたせいで掃き溜め部署に移動になった。

・仕事しないで給料がもらえる掃き溜め部署は私にとって天国だ。

・掃き溜め部署に飛ばされた人は全員半年以内に退職している。

「掃き溜め部署」の類語や言いかえ

・追い出し部屋
「自主退職で会社から追い出すための部署」と言う意味の言葉です。

「掃き溜め部署」が役立たずを集めていることを意味するのに対し、こちらは明確に社員を辞めさせるために作られているため違法なうt街の高い部署です。

・積み木部
「積み木を積む仕事を与えられ完成を上司に報告するとその場で乱暴に崩され再び積み上げるよう業務命令がくだされる、というループが自主退職を言い出すまで繰り返される」という一種の都市伝説から生まれた言葉です。

積み木が仕事というのは創作すが新聞記事の切り抜きや社史の筆写など無意味な仕事を与えて精神を追い詰め退職に追い込むという悪質なケースは実際に報告されたものです。

言葉の意味としては辞めさせることを目的とする「掃き溜め部署」と同じです。

・吹き溜まり
「風に飛ばされたゴミが溜まるように雑多な人が集まる」という意味の言葉です。

社内で行き場がない人間が寄り集まったような部署をさして使われます。

まとめ

「掃き溜め部署」はスラングの一種ですが状況を的確に表したうまい表現です。

使う機会の少ない言葉ですが正しい意味を知っておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典