スポンサーリンク

「排水」と「廃水」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「排水」と「廃水」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「排水」「廃水」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「排水」とは?

「排水」は、不必要に存在する水を捨てることです。

何故、水を捨てなければならないかですが、例えば、田んぼや洗面施設などは、水を入れ替えて新しい水を取り込むことを常用としますが、この時、古くなった水を捨てずに次々と水を入れると水があふれてしまいます。

水があふれることを防ぐためには「排水」という水を捨てることを行うのです。

「廃水」とは?

「廃水」は、完全に汚れてしまっていて飲料の他体に付着することが望ましくない水を捨てることです。

「廃水」は必ず「排水」という単に不要な水を捨てる場所と分けて流すことを重要とし、「排水」は主に下水に流すことで汚くなった水を捨てます。

「排水」と「廃水」の違い

「排水」「廃水」の違いは不要な水を捨てる行為であるとした場合、「排水」側はきれいな水であふれる恐れがある物を捨てる行為ですが、「廃水」はというと汚い水を捨てる行為です。

なお、汚い水は、基本、下水を通り処理されるのが望ましいのですが、稀に汚水を稀に川に流すなどの暴挙を行う人物もいます。

「排水」の例文

・『排水ポンプ』
この例は、不要な水を捨てるためのポンプという言葉です。

「排水ポンプ」は、実は「廃水」ポンプでもあり、汚水を捨てるために使用するポンプでもあります。

・『工場排水』
この例は、工場から出た不要な水で、汚水と異なる水です。

その為、必ずしも汚れているとは限りません。

「廃水」の例文

・『工場から廃水が流れ出る』
この例は、工場から汚染された汚水が漏れ出したことを表します。

通常は工場から出た汚水は、下水の他汚水処理施設を通して処理するのが正しいです。

ですが、稀にですが、下水使用料を使用することを拒んだ事業者が直接汚水を垂れ流すことがあります。

・『廃水処理施設』
この例は、汚れた水を綺麗にする施設のことを指します。

つまり浄水場のことです。

下水から流れた汚れた水を綺麗にするのが、廃水処理施設の役割になります。

まとめ

「排水」「廃水」の違いは、水の汚染度合いです。

「排水」は、あまり汚染が進んでない水であるが故、単なる雨水などを適当にそこらへんに捨てることも「排水」です。

「排水」は汚染が進んでないため、下水に通して処理する必要性はないのですが、「廃水」は別でこちらは汚染が進んだ水であるが故、下水を通して処理上で処理する必要性があります。

なお、「廃水」はそこらへんに投棄することは許されず、その理由は汚れた水が周囲を汚染するが故そこらへんに投棄することは許されないのです。

その為、「工場廃水」をあえて川などの生活圏に流すということを行う事業者が存在するのは、下水を通すことに対してお金を払うのが嫌であるが故、下水に流すべく汚水を川に流すのです。

無論これらは、違法行為で下水仕様を拒んだことと生活圏を汚染したという罪に問われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典