スポンサーリンク

「採算度外視」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「採算度外視」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「採算度外視」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「採算度外視」の意味

惜しみなく赤字を覚悟で

お金のことは無視して

「採算度外視」の解説

「採算度外視」のの意味は、「惜しみなく赤字を覚悟で」「お金のことは無視して」になります。

「採算度外視」は、発注者の場合には「どれだけお金がかかっても構わないので、希望する注文」のことを意味しています。

受注者の立場では、「採算度外視」「受けても利益にならず赤字になる恐れもあるの仕事を引き受けること」を意味しています。

発注者でも受注者でも「採算度外視」は、「お金(金額)のことは問題にせずに、発注(受注)すること」を意味している用語になります。

「採算度外視」の使われ方

「採算度外視」は、発注者の立場では「いくらお金がかかっても構わない注文をする場合」に使われます。

例えば、「採算度外視で最高級の素材を使った豪華なバスルームを注文しました」などの例文で使われます。

「採算度外視」の、受注者の立場では「赤字になることも覚悟で、注文を受ける場合」にも使われます。

例えば、「知り合いだったので、採算度外視でリビングとテラスのリフォームを引き受けました」といった文章で使用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典