「推察」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「推察」

ビジネスの世界では、色々な用語やビジネス特有の表現、言葉が出てきます。

その中で「推察」という言葉があるのですが、この言葉は「すいさつ」という読み方で身近な場面で使われています。

「推察」の意味

では、「推察」という言葉は、どのような意味があるのでしょうか?この言葉には、「人の気持ちを推し量ったり配慮したりする」という意味がありますので、どこか「相手を思いやる気持ちの意味」が含まれていることが理解できるでしょう。

場面によっては、同情的な気持ちで使われることも出てきますし、本人では気付かないことを冷静に客観的な立場で見ていくこともあるかもしれません。

「推察」の言葉の使い方

ふと、自分の普段の生活シーンやビジネスの場面で振り返ってみると、この「推察」という言葉は、どの程度使われているでしょうか?仕事の場面では使わないことがないというくらいに出てくる表現ですが、「おおよその推察がつく」、あるいは「複雑な事情と推察する」といったような意味合いも含まれているので、取引先の担当者や社内でも部下などを相手に、この言葉を使うことがあると思います。

「推察」を使った例文・短文(解釈)

では、ここから「推察」を使った例文を見ていくことにしましょう。

「推察」の例文1

「お客様のご様子から推察いたしますと、現状の製品ではご満足に使える状態ではありません」

この例文を見ていくと、「推察いたします」という表現になっていますが、謙譲語として使われていることが分かります。

自分がへりくだって相手を立てる場合に使用するのですが、「ご推察いたします」という言い方になると、さらに丁寧な印象となりますので、次の例文で見てみることにします。

「推察」の例文2

「お忙しい毎日をお送りはじめていらっしゃる頃とご推察いたしておりましたので、ご連絡することを差し控えておりました」

このように「ご推察」という使い方もあるのですあ、敬語を使う時には、「ご」他に「お」を使うこともあります。

使い方によっては、尊敬語としての意味合いになったり、謙譲語としての使い方に変化していくこともあります。

この例文の「いたします」の中で使用されら「ご推察いたします」では、自分がへりくだって相手を立てているので、謙譲語として使用されていることになります。

これが、「ご推察のとおりです」という表現になると、「(あなた様の)ご推察のとおりです」ということで。

相手を上にあげて使う尊敬語としての形を表す言葉となります。

「ご推察」を使う場合、相手が「推察」をしたと思われる時に使用すると「尊敬語」となり、自分が「推察」して相手のことを推しはかっているという表現をする場合には、「ご推察」「謙譲語」と変化していくので、使い方には注意が必要となります。

「推察」の例文3

「今回のトラブルで、今後、事業展開は非常に困難になってくると推察されるのです」

この時の「推察される」は、基本的な意味として「〜と思われる」という意味で使われています。

企業の事業活動では、色々なことが起こりうるものですが、このように客観的に今後の展開を冷静に分析する必要が出てきます。

そのような時に「推察される」という表現が使われます。

場面によっては、取引先など第三者の状況を推し量る場合でも使われることがあります。

「推察」の例文4

「今回の災害では、中山地区で大きな被害が出てきたと推察されます」

例文3で出てきた「推察される」は、第三者の状況を推し量る場合でも使われることを言いましたが、このような例文で使うことができます。

主観的な意見や見解ではなく、あくまで客観的な立場でコメントしている点が特徴的ですが、「される」ということで、聞く立場の人も、冷静に事実を理解することに努めようとするでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典