「推薦」と「推奨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「推薦」と「推奨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「推薦」「推奨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「推薦」とは?

「推薦(すいせん)」とは、「自分が良いと思う人物・物事を、他人にすすめること」「自分が適切であると思う人や物事を、裁量権を持つ相手にすすめること」を意味している言葉です。

「推薦」「物事」に対しても使えますが主に「人物」に対して使われる言葉で、「優れている(適している)ことを前提にして、条件・地位に合致する人物や物事を他人にすすめること」を意味しています。

例えば、「彼を委員長に推薦したいと思います」などの例文で使えます。

「推奨」とは?

「推奨(すいしょう)」とは、「ある物事や人物が優れていると褒めて、他人にすすめること」を意味している言葉です。

「推奨」という表現は、「対象・相手の優れている点を挙げて(褒めて)、他人にすすめること」を意味しているのです。

例えば、「私は冷蔵庫ではこの製品を推奨します」「このアプリの推奨環境を整えてください」といった文章で使用することができます。

「推薦」と「推奨」の違い!

「推薦」「推奨」の違いを、分かりやすく解説します。

「推薦」「推奨」「他人に何かをすすめること」を意味している点ではよく似た言葉なのですが、「推薦」「優れていることを前提にして、自分が良いと思う人・モノを他人にすすめること」を意味しています。

「推薦」に対して「推奨」というのは、「優れている部分(適している部分)を挙げたり褒めたりして、他人にすすめること」を意味していて、「初めから優れている(適している)の前提があるわけではない」という違いがあります。

「推薦」には「ある条件・地位を満たしていると自分が考えられる人物・物事を人にすすめる」のニュアンスがありますが、「推奨」には「優れている点を具体的に挙げながら人にすすめる」のニュアンスがある違いを指摘できます。

また「推薦」「優れている人物」に対して使われやすく、「推奨」「スペックのある物事・商品(製品)・品物・サービス」に対して使われやすい違いもあります。

まとめ

「推薦」「推奨」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「推薦」とは「優れていて条件・地位に合っているものを、人にすすめること」を意味していて、「推奨」「対象の優れている部分を挙げて、人にすすめること」を意味している違いがあります。

「推薦」「推奨」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典