スポンサーリンク

「提案」と「要望」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「提案」と「要望」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「提案」「要望」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「提案」とは?

「提案」「ていあん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「会議で討論する為の原案を提出すること」という意味で、その原案の内容も含まれます。

2つ目は「人に対して自分の考えを出すこと」という意味で、人に対して「こうしてはどうか」と述べることで、その内容も含まれます。

上記に共通するのは「考えを表す」という意味です。

「提」「さげる」とも読み「差し出す」「持ち出す」という意味、「案」「考えた内容や計画」という意味、「提案」「考えた内容や計画を差し出すこと」になります。

「提案」の使い方

「提案」「会議で討論する為の原案を提出すること」「人に対して自分の考えを出すこと」という意味で使われます。

名詞として「提案する・した」と使われたり、副詞として「提案して」と使われたりします。

基本的に、相手に対して話し合うべき点や、自分が持っている問題の改善策を述べることに使われます。

「要望」とは?

「要望」「ようぼう」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「自分が願っているものごとの実現を求めて、強く期待すること」という意味で、あるものごとを実現して欲しいと強く願うことを言います。

2つ目は「相手に対して行動を望む」という意味で、相手に直接何らかの行動を取る様に望むことを言います。

上記に共通するのは「望みを伝えて求める」という意味です。

「要」「かなめ」とも読み、「入用である」「求める」という意味、「望」「のぞみ」とも読み「願い待ちのぞむ」という意味、「要望」「あることを入用だとして、願い待ち望むこと」になります。

「要望」の使い方

「要望」「自分が願っているものごとの実現を求めて、強く期待すること」「相手に対して行動を望む」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴い「要望する・した」と使われたり、副詞として「要望して」と使われたりします。

基本的に、自分が望んでいることを伝えて、改善して欲しいと求めることに使われる言葉です。

「提案」と「要望」の違い

「提案」「相手に対して話し合うべき点や、自分が持っている問題の改善策を述べること」という意味です。

「要望」「自分が望んでいることを伝えて、改善して欲しいと求めること」という意味です。

「提案」の例文

・『道路の混雑を考えて早めに行くことを提案した』

・『次回の会議で話し合って欲しいことを提案した』

・『彼が提案したお店に行くことにした』

・『皆に旅のプランを提案した』

「要望」の例文

・『テレワークを導入して欲しいと要望した』

・『顧客の要望を受けて授乳室を設置した』

・『ご要望にお応えして名場面集をお送りします』

・『今回は残念ながらご要望にお応えできません』

まとめ

今回は「提案」「要望」について紹介しました。

「提案」「自分のアイデアを述べる」「要望」「相手に求める」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典