「揚げ玉」と「天かす」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「揚げ玉」と「天かす」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「揚げ玉」「天かす」の違いを分かりやすく説明していきます。

「揚げ玉」とは?

「揚げ玉」の意味と概要について紹介します。

「揚げ玉」の意味

「揚げ玉」「あげだま」と読みます。

意味は「薄力粉、水、卵を溶きまぜて油で揚げたもの、うどんやお好み焼きなどに入れる為に作られる」になります。

「揚げ玉」の概要

「揚げ玉」は、薄力粉、水、卵を溶きまぜて油で揚げたもので、うどんやお好み焼きなどの薬味として使う為に作られたものを言います。

元々食べ物に沿える為に作るので、形や大きさ、焦げ具合などが揃っています。

「揚げ玉」は市販されていることも多く、小エビなどが加えられているものもあります。

関東地方では「揚げ玉」のことを「たぬき」と呼ぶこともあり、「揚げ玉」入りのうどんやそばを「たぬきうどん・たぬきそば」と呼びます。

「天かす」とは?

「天かす」の意味と概要について紹介します。

「天かす」の意味

「天かす」「てんかす」と読みます。

意味は「天ぷらを揚げる時にできる、衣からはがれたカスのこと」です。

「天かす」の概要

「天かす」は、天ぷらを揚げる時に、天ぷらの衣がはがれてバラバラになったもののことを言います。

たまたまできてしまったものを言い、大きさや形もバラバラで、焦げているものもあります。

その昔、そば屋で「天かす」をただで薬味として付けたことで、日本中に広まっていきました。

また、「天かす」は西日本で使われることが多く、関東では同じものでも「揚げ玉」と呼ぶ人が多くなります。

「揚げ玉」と「天かす」の違い!

「揚げ玉」「うどんやお好み焼きに入れる為に、油で揚げて作るもの」です。

「天かす」「天ぷらを揚げる時に衣がはがれてバラバラになったもの」です。

まとめ

今回は「揚げ玉」「天かす」の違いをお伝えしました。

「揚げ玉は料理の為に作る」「天かすは天ぷらを作る時にできる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典