「支援」とは?意味や使い方!例文や解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「支援」とは?

「支援」という言葉を知っているでしょうか。

「団体を支援する」などという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「支援」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「支援」という言葉の意味を紹介します。

「支援」の読み方

「支援」「しえん」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「支援」「しえん」と読みましょう。

「支援」の意味

「支援」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「支援」には、「力を貸して助けること」という意味があります。

「団体を支援する」という時は、団体の活動を助けたり、経済面で力を貸して存続の手助けをすることという意味があります。

「支援活動」という時は、力を貸して助けるために何かをすることという意味になります。

このように「支援」には、「力を貸して助けること」という意味があります。

「支援」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「支援」の類語や類似表現を紹介します。

「支援」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「援助」【えんじょ】

「援助」には、「力不足な者を助けること」という意味があります。

「資産家の援助を受けて、事業を始める」という時は、資金不足な起業家に対して、資産家が経済的に助け、事業を始めるという意味になります。

子供が親に「今月厳しいから、少し援助して」という時は、「お小遣いをください」という意味になります。

「後援」【こうえん】

「後援」という言葉には、「後ろ盾となって援助すること」という意味があります。

プロ野球選手や相撲取りを経済的に援助したり、稽古場を用意したりする人たちがいますが、「後援者」と呼ばれ、その人たちが集まって作った会を「後援会」と呼びます。

「応援」【おうえん】

「応援」という言葉があります。

「応援」には、「力づけ、助けること」という意味があります。

甲子園大会の高校野球を見ながら、地元の学校を力づけ、助けようとする時、「地元の学校を応援する」と言います。

特に何もせず、気持ち的に力づけ、助けたいと思っている時、「心の中で応援する」と言います。

「声援」【せいえん】

「声援」という言葉には、「声を掛けて力づけること」という意味があります。

例えば、バッターボックスに立つ打者を力づけようと、大声で名前を呼ぶなどする時、「声援する」と言います。

ライブ会場などで、アーティストの名前を叫ぶのも、「声援を送っている」と言えるでしょう。

「後押し」【あとおし】

「後押し」という言葉には、「陰で力になってくれること」という意味があります。

目立って応援するわけではないものの、後ろから見ていて必要な時に声を掛けて力づけてくれるような人の行為を「後押し」と言います。

「賛助」【さんじょ】

「賛助」という言葉もあります。

「賛助」には、「趣旨に賛同して、力添えしてくれる」という意味があります。

映画などを見ていると、「賛助スポンサー」などの言葉を目にすることがありますが、映画の趣旨に賛同し、資金を提供したり、CMに協力してくれるスポンサーという意味があります。

「バックアップ」

「バックアップ」は、「後ろ盾になること」という意味があるカタカナ語です。

「サークルを強力にバックアップする」などという使い方をします。

またスポーツに出られないサポートメンバーを、「バックアップメンバー」と呼ぶこともあります。

いずれにせよ、個人や団体、グループの後ろ盾になるという意味があります。

「縁の下の力持ち」【えんのしたのちからもち】

「縁の下の力持ち」には、「陰からの力強い援助」という意味があります。

決して表だって活躍するわけではありませんが、陰から強力なサポートをしてくれる人を「縁の下の力持ち」と呼ぶことがあります。

組織にはこのような「縁の下の力持ち」が必要で、全ての人が目立とうとすると、組織が破たんしてしまうかもしれません。

「支援」を使った例文や短文など

次に「支援」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「支援」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「支援」を使った例文1

「たくさんの人の『支援』があり、選挙に当選できた」

この例文は選挙に当選した人が、当選後の挨拶で口にするセリフになります。

実際に選挙活動は、たくさんの人のボランティアがあって遂行できるものです。

そのため、このように力を貸してくれたことを、たくさんの人に感謝するのは当然かもしれません。

このように、「力を貸してくれた」ということを感謝する時、「支援」という言葉を使ってみましょう。

「支援」を使った例文2

「誰の『支援』も受けないで、仕事を終えるのは困難だ」

この例文のように、誰からも力を借りずに、どのような仕事を終えることも難しいでしょう。

ほとんどの仕事は、たくさんの人の協力があり成り立っているためです。

仕事が順調な時は、自分一人で仕事ができると勘違いしてしまいがちですが、「支援ゼロ」の大変さを、思い知ることになるかもしれません。

「支援」の英語

「支援」という言葉を、英語にするとどのような表現になるでしょうか。

「支援」は英語で、“support”(サポート)と言います。

“support”は、「サポート」というカタカナ語としても知られている、「支援」という意味がある言葉です。

また「精神的支援」“moral support”(モラルサポート)、「積極的支援」“active support”(アクティブサポート)という英語にできます。

このように「支援」を英文の中に加えたい時は、これらの英語を使ってみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典